#4387

見えない溝


今日の出来事 文化 自分

02時半就寝07時40分起床。

最近にしては珍しく積雪も追い風も無く雨も降っていない朝で、寝覚めも良いという、
月曜日にしては珍しくスタートダッシュを切れた一日でしたが、
出社してみたらたまたま上司の虫の居所が悪かったというだけで一気にいつも通りに戻り、
それはもうブルーな一日でした。
ここずっとその虫の居所の悪さを自分に向けられる機会というものは無かったのですが、
後輩が入ったり場所移動したりでごたごたしているうちに
自分の代わりに上司とコミュニケーションを取ってくれる古参の人と引き離されてしまい、
そのおかげでダイレクトアタックを食らう場面も急激に多くなってきています。
午後になるとその不機嫌さも嘘のように好転するので
まぁ大方血圧か何かのせいだろう、本人は悪くない……と思っていた時期もありましたが、
今回の年末計画破綻の一連の流れで自分の上司に対する尊厳は失われてしまったので、
それとの兼ね合いもあって、ダイレクトアタックが飛んでくると
もうひたすらうんざりするしかなくなってしまいました。
うんざりして突っ慳貪な態度を取っているとさらに相手の怒りを買うというループに突入するので
こういうタイプの人に対して嘘でも表面上は取り繕っておいた方が良い、
とわかっていても、いくら寝起きが良くても月曜日朝からご機嫌取りになる気力は無かったです。

朝、そんな風にごたごたしてからは5時間ほど喋る機会も無く、
自分の中では会社の諸々に対する脳内批判、あるいは自分には非が無かったかという反省を
ぐるぐると考えていたのですが、夕方以降は向こうから普通以上にご機嫌に接してきて
こちらも普通に返すことができたので、脳内批判のほとんどは忘れてしまいました。
自分もこのところ会社での立ち回りに関しては心の余裕が無いことは自覚しているので、
この一連の流れで大人げないところがあることは重々承知はしているし、
そもそもこんな風に管理者と作業者との間にどうしようもなく蔓延している不信感が
計画破綻とかいろいろなものに繋がっているとは思うのですが……。
でも、そんなの自分一人の意識を変えたところでどうしようもないんじゃないかと。

例えば同じ立ち位置の人同士なら、
ミーティングを開けば仕事の上での意思疎通や意見共有は割と簡単にできるんですよね。
ミーティングなんてほんの半年ほど前までは
古参が話したい放題するだけの儀式だと思っていましたが、自分が主導するようになってからは
何か意見を言いたいときに勝手に向こうから一斉に集まってくれるという点ではすごく便利で、
むしろこんなに良い機会もないなと思うようにはなってきました。
半年前に自分が古参に向けていたような目を
今度は自分が向けられている可能性も無いとは言えないのが怖いところではあるのですが、
表面上は良く聴いてくれていて、
それが自分が主導したいと思えるバネになっているという実感はあります。

しかし自分が大抵「この人が仕事をする上での障害だ」と思う相手は
そういう話し合いの機会をこちらから設けられないような自分より上の人ばかりで、
結局のところいくら活発に下の人が話し合ったところで
決定権を持つ人が違う意見を持っていれば振り回されることは間違いないんですよね。
先週初頭のあの出来事以来、今いる会社の膿は何なのかと延々考えていますが、
自分個人の目線から今一番必要なのは、そういう上の人たちとの話し合いだと思っています。
が、勇気の無さ故に行動できていないのが現状だし、
ブログでこんな偉そうに熱弁振るったところで、現実はそう話し合いの場を取り繕ったとしても
上手く話せないのは目に見えているんですけどね……。
そもそも自分は上司の肩代わりをできるほどの段階にはまだ遠いという自覚もあり、
それがことさら今以上に突っ込めず、
かといって後退もできない迷走の原因になっているような気もします。

また、上司ほどではないと信じていますが、
ぶっちゃけ自分自身も年初以降の異動、新人入社、部署の引っ越しと立て続けに環境が変わって
それについて行けておらず、自分自身の周辺を制御できていないもどかしさから
妙に我慢弱くなってきてしまっているという自覚はあり、ほんのり危機感もあります。
踏ん張りどころだと思って耐え凌ぐのが正解なのか、
あるいは自分自身の負担が増えすぎないようにある程度弱音を吐いてみるべきなのか……。
自分がどこまで踏み込んでいいのかという見極めもなかなか難しいんですよね……。

と、最近なんだか抽象的な会社の話ばかりですみません。
明日また徒歩通勤になりそうなのでさっさと寝るつもりだったのにいつの間にか02時近くという。

0

コメントを残す