#4981

十年前のてのひら


デジモノ

先日の郵送申請の際、ある個人情報が手元になくてすぐに出せなかったという話を書きましたが、
頭の中には同様の申請をするときに当時の携帯のメモアプリに入力していたことは覚えていたので、
歴代携帯を片っ端から起動して情報を探すついでに、動作点検をしていました。
結局メモアプリには求める情報は入っていなかったのですが、
懐かしさもあったのでしばらく初代からいじっていました。

自分が持っている2006年冬~2008冬モデルをざっと眺めていると、
所持携帯の中では2007年モデルの『W54T』が一番ガラパゴスな機能が詰め込まれている印象。
auの『おもいでタイムライン ケータイ図鑑』を見ていると、
デザイン面ではINFOBAR、talbyが先行していますが、
スライドケータイが登場した2004年辺りから
各メーカーも10代利用者を意識したデザインのモデルを出していてとにかく派手ですね。
もっと下ってポケベル時代になるとことごとく折り畳みのシルバーで、
10代が携帯を使うことはあまり想定されていないような印象。

自分は2009年にはSoftBankに移ってしまったので知らなかったのですが、
発表当時「絶対ほしい!」とブログにも書いた記憶のあるiidaシリーズの『G9』、
なかなか出ないので発売中止したのかと勝手に思っていたのですが
このサイトを見ると2009年に発売していたんですね。
スライド型が好きな自分にとってはまさに憧れのモデルで、
今からでもマケプレで買おうかなと一瞬思ったのですが、
4G回線に対応していないとなるとちょっと厳しいですかね。うーん、現役時代に手に入れたかった。

今でこそさまざまな世代でiPhone一強となっていますが、
スマホにテンキーを組み合わせた「ガラホ」を支持する層もスマホ黎明期から一定数あるようで、
何かのきっかけでティーンエイジャーがそっちに目を向ければ
iPhone一強時代が崩れてまたハード面で個性を出張するようになるんでしょうかね。
個人的にはその方が所有欲を満たせるし選ぶ楽しみも増えるので良いのですが。
まぁ、今更iOSを生活から切り捨てるのもなかなか難しいんでしょうけどね。
テンキーをスライドできるiPhoneカバーとか流行ったりしないかな。

ちなみに動作点検は、ガラケーはすべて無事でしたがWindowsスマホ『WILLCOM 03』が、
何度試しても起動できませんでした。バッテリーの寿命か、あるいは……。

0

コメントを残す