#5032

追いつかない分類


web制作

たまーにブログモチベの浮き沈みが激しくなってくると、
何か新しいカテゴリがあればいいんだ、既存のカテゴリの枠内で考えるのがよくないんだ、
という思いにも至ったりするわけですが。
こういう答えのない問いを考え出すのもマズいので
一度徹底的に考えてこれだと決めたら下手にそれを疑わないようにする潔さも大切なんでしょうが、
いっぽうで自分で積み上げてきたものの変遷を辿るのは思考整理に良かったりもするんですよね。
というわけでざっくり今の自分のカテゴリ再編についての考えとその変遷についてまとめておきます。

このブログの移転前時代はかつて事実上の未分類である“今日の出来事”が圧倒的多数で、
ゲーム関係の話題を取り扱う場合だけ特別扱いの“ゲームのプレイ日記”、
日記的な記事に当てはまらない“その他”、あとは文体そのものが異なる創作(旧短歌・俳句)、
独り言(旧長編)といったカテゴリがありました。
2014年の移転の際には過去のアーカイブにすべてタグを振り分けるという作業をして、
さらにそのタグの上位分類としてのカテゴリを設定するようにしました。
もはやこの時点でこのブログはゲームだけを書き残すブログではなくなっていたので、
ゲームのプレイ日記と同様に趣味について書くカテゴリとして、
他の主要趣味分類であるWeb制作、デジモノ(旧携帯・PC環境)、音楽、文化(=その他趣味)
という四つのカテゴリを新設しました。

それに加えて、趣味について語らないエントリーも相当数増えてきた……
というより思考整理一辺倒な今となってはそっちの方が圧倒的に数が多くなってきたのですが、
要は事実上の“今日の出来事”も、悩みや妄想、直近の予定や思想について語ることが多くなり、
必ずしも文字通り今日の出来事を語るわけでもなくなってきました。
そこで「趣味以外」を空想・自分・今日の出来事にざっくりと分けて、
それが今日起きたことなのか、単に身の回りの現象についての備忘録なのか、
あるいはその日の自分はもはや関係のない悩み事や計画なのかを区別するようにしました。

以上の趣味5カテゴリ+趣味以外3カテゴリに加えて、
それら通常記事とは違う文体や執筆ルールによって書く特殊記事分類
(創作、独り言、備忘録、その他)の4カテゴリを加えて12カテゴリとしたのが、
現行のこのブログのカテゴリ分類となっています。

ここで最近どうもモヤモヤしているのが、
上記のうちいわゆる通常記事と特殊記事はそれぞれ「話題の違い」によって分けているものと
「文体の違い」に分けているものに分けられていて、
そもそもカテゴリの定義の方向性が統一的ではないということ。
なので、書いているうちに「独り言の文体だけど話題としてはゲームのプレイ日記の範疇」
というような事態が平然と起こってくるわけです。
というかむしろすでに多く発生していて、
最近はぶっちゃけカテゴリ分類はその日の気分で決めてしまっているところもあります。
なにしろ定義が曖昧なので拠り所がないんですよね。

「備忘録」の新設はカテゴリの定義の曖昧さと方向性の違いを逆手に取って、
話題の違い×文体の違いというカテゴリの掛け合わせを想定したうえで
各カテゴリでまったく新しい書き方ができればいいなという気持ちもあったのですが、
現状、話題の違いなのか文体の違いなのかという定義はハッキリしていないし、
“創作”のようにそれらが重複しているカテゴリもあり、判断に迷っているところです。
第一カテゴリ=話題の違い、第二カテゴリ=文体の違い、
という風にキッチリ決めてしまえば今後の執筆も分かりやすくなると思うのですが、
過去アーカイブも含めてその新しいルールに当てはめるのはなかなか骨が折れそう。
むろん手作業でやっていては今の持ち時間からして数年かかってしまうので、
やるなら文字列処理プログラムを書いてざっと機械処理する感じになるでしょうね……。

とかくブログモチベが波のようにうねって自分自身もそれに振り回されつつある昨今、
カテゴリ再編の改善がひとつの救済措置になってくれればいいのですが。
むしろこれまでのカテゴリ再編がブログ迷走の原因だったのか……?

0

コメントを残す