#5538

自動情報収集


文化

先日、ひょんなことからGoogleアラートというサービスを知りました。
似たような別名のサービスがあったような気がしないでもないのですが、
要するにこれは検索クエリを登録しておくと、それについての最新情報が入ってきたときに
メールなどで知らせてくれるというものです。
あの方面の情報は動きがあったらすぐ知りたい、けれど毎日情報収集するのも……
というようなときに使えるサービスです。

これは、長年悩み続けた音楽関係の情報収集に使えるのではないか、と思いました。
つまり、『アーティスト名 アルバム』などと登録しておけば、
そのアーティストのアルバムがリリースされたときにいち早く察知することができる!
これはRSSなどの従来のサービスではとても実現できなかったことです。
なにしろ、アーティストはアルバムの発表を決まった形式でするわけではないし、
そもそも既知のアーティストの数があまりにも膨大。
レーベル別のページを見に行くにもたいへんな手間がかかるというものです。
その点これなら、Googleがアーティスト関連の新しいページをクロールした時点で通知が来るので、
Webに発表するタイプでさえあれば形式などは問わず、
とにかく検索botに引っかかればいいので、それなりの割合で自動収集できると思われます。

ということで特にテクノポップ界隈はしばらくこれで情報収集しようかなと。
エレクトロニカ系はアルバムを出してもニュースリリースを出すことさえない場合が多いので、
こちらについては引き続きレーベルサイトを歩き回るしかないかなと思っています。
レーベル名でアラート登録するのも手かもしれませんね。これについては検討中。

音楽アルバムだけでなく、漫画やゲームの新作情報を追いかけるにも使えるだろうし、
家電製品のセール情報をいち早く知るにも使えるのではないかと思います。
とにかく、活用の仕方次第で情報収集にかける時間を短縮できる、良さげなサービスです。

RSSからの情報収集もサボるようになって久しい昨今は、
専らTwitterのみが情報源となっていますが、
これはどうしてもフォロワー依存になるため情報供給量が不確定なんですよね。
音楽アルバムなど、自分が知りたい情報に関心があるフォロワーさんがいないと意味がないし。
逆に、誰もが関心のある流行ものなどに関してはTwitterは最強だと思いますが。
とにかく、情報収集においてもう少し我が道を歩くためには、
Twitterに依存しすぎないアンテナを張る努力も必要なのかなと思う今日この頃です。
今もあるのか分からないし自分は使ったことはないのですが、
いわゆるWebサイト自動巡回サービスなんかもこれからは一考の余地ありかなと。

0

コメントを残す