#5543

電子と化した山札


ゲームのプレイ日記

、次期スタンダードの中核となる『基本セット2020』発表。
発売日は今年の07月12日だそうで、基本セットが好きな自分は今から楽しみです。
それだけではなく4月末に発売される次のエキスパンションは
いよいよ『マジック・オリジン』以降に登場したゲートウォッチの最終決戦が描かれるとのことで、
これもなかなか楽しみです。ラスボスはどんなカードになるんでしょうね?

実は最近またWikiを見てはカードほしいなと思い続けている自分がいたりして、
『アイコニックマスターズ』『マスターズ25th』の値下がり情報を監視しているところです。
どちらもここ最近になってかなり値上がりしてしまったので、
これがまた落ち着いてきたら買ってしまいたいと思っているのですが……。

しかし、所詮気軽に対戦できない紙のカードを揃えても実用性に乏しいのは確か。
コレクション性は抜群ですが、やはり手に入れたら活躍させたいものです。
ということで紙のカードにお金を費やすのは平成が終わったらということにしておいて、
それはそれとして今はどちらかというとMTGAに課金するのがベターかなと思っています。

』は基本無料で当然ながらパック購入は有料。
1パック200ジェム(ジェムは課金でしか入手できない仮想通貨)となっていて、
ジェムは750ジェムで約5ドル=553円(02月24日時点のレート)。
1パックに入っている枚数は現実の約半分、8枚。なのでざっと1枚当たり18.4円となります。
紙のカードが25.2円なので、ちょっと安いとはいえ立派なデジタル資産です。
これが交換できるようになったら大変なことになるでしょうが、実装はあり得るのでしょうか。

ちなみにソーシャルゲームのガチャと比較すると
『ドラガリアロスト』の10連にかかるお金の10分の8がちょうど3,000円なので、
1回8連のガチャを147円で回すものと考えるとかなり安いです。
とはいえカードゲームの場合はデッキに組み込む60枚のカードを当てなければならないので、
4体いればパーティが組めるソーシャルゲームとは単純比較できませんけどね。
神話レアの当たる確率ってどのくらいのものなんだろう?

無課金でもデイリークエストをこなすことでパックを買う資金は貯められ、
02月15日の日本語版リリースから毎日クエストを消化して現在8パック買えるようになっています。
その他勝利ボーナスなどですでに入手済みのパックが4つ。
意外と無料でも手に入れられるので、根気があれば無課金でもなんとかなるのですが……
デフォルトの単色デッキで戦い続けるのと、
ある程度のカードプールから選んで自分で作ったオリジナルのデッキで戦うのでは
もはやゲームが違うと言っても過言ではないくらい世界が違ってくるので、
まあ1ボックス分くらいなら課金してもいいかなーと思っています。
実はジェムはブースタードラフトの参加費としても使うので、
現実でも構築戦よりも遊んでいるブースタードラフトを遊ぶためにはどっちみち課金必須ですしね。

自分の中ではじわじわと盛り上がっているMTGA。
思えばiPadでデジタルゲームを遊んだことがきっかけでMTGの世界に突入したわけですが、
五年の時を経てついにデジタルゲームに戻っていることを考えると長い道のりだったなとつくづく。

0

コメントを残す