#5547

山札の象徴


ゲームのプレイ日記


最近じわじわハマっている『Magic:the Gathering Arena』、
今日はいよいよパック課金に手を出してみました。

このゲームは基本無料で最初から使えるデッキが5つあるのですが、
デッキとして獲得したカード以外は持っていないので初期状態のままでは改良は難しいです。
そこでパックを買うのですが、無料の範囲ではせいぜい1日1パック(8枚)。
デッキを作りたくても、イチからデッキを作るには無料ではなかなか厳しいものがあります。
そこでパックの大人買いをするというわけです。45パックで6,214円。

ということでスタンダード落ちも間近ではあるものの、
やはり思い入れのある『基本セット2019』を選んでいざ45パック開封。
すると、冒頭の画像にある通り神話レアの《変遷の龍、クロミウム》が当たりました。
残念ながら《世界のるつぼ》は当たりませんでした。

《変遷の龍、クロミウム》のマナコストは(4)(白)(青)(黒)なので、
この3色を軸にしてデッキを組んでみることにしました。
実際に組んでみるとかなり白寄りで、特に《アジャニの歓迎》《アジャニの群れ仲間》などの
ライフ回復を中心としたギミックがいつの間にかデッキの中軸になっていました。
ちなみにこの色の組み合わせのコントロール系デッキを「エスパーコントロール」と呼ぶそうで、
MTGアリーナでも割と使われている部類みたいです。
白のライフ回復や場の制圧力と、黒・青の除去やカウンター、ドロー加速を両立する感じ。
とはいえ自分のカードプールは青がかなり貧弱なので、
今のところほとんど白黒デッキになっています。青はドローソースとカウンターのみ。

で、実際に回してみると、初期デッキには余裕で勝てるかと思いきや現実は五分五分。
負け越しでないだけマシですが、
オリジナルを組んだからといって勝てるわけでもない厳しい現実を目の当たりにしました。
コスト7のクロミウムを活躍させるのもなかなか難しいですね……。
3色もあると土地が思ったように入ってこなくて困ることが多々あり、マナ不足に悩まされています。
かといってマナ加速ができるのは現状緑のみで、この3色だけでは実現不可能。
今持っている多色地形もタップインランド(出したターンは使えない土地)のみで、
鈍い動きしかできないもどかしさがあります。せめて《進化する未開地》が欲しい……。
このデッキはまだまだ試行錯誤の段階です。

現在のプレシーズン2は今日で終わり。
自分は先週くらいからランク戦に手を出し、今日ギリギリシルバーランクに手が届きました。
次のシーズンからは丸ごと参加できるので、せめてゴールドまでは手を伸ばしたいところですね。
そして構築でこなれてきたら、いよいよリミテッドに手を出していこうかと思っています。

リミテッドは参加費用を支払ってプレイする、ブースタードラフトのデジタル版。
ブースタードラフトというのは8人がそれぞれ3パックを順番に開け、
パックを開けた人から順番に1枚取って隣に渡して、を繰り返してカードを取っていき、
取ったカードと基本土地だけでその場でデッキを組んで戦うといういわば「即興勝負」です。

取ったカードは全部自分のものになる上に勝利数に応じて課金アイテムがもらえるのですが、
参加にはかならず課金アイテムが必要という設計になっています。
これに参加するためにはさらに微課金(5ドル)が必要ということに……。
まぁ、無料でもらえる通貨でも行けるのですが、今の自分の全財産の半分くらいかかってしまうので
これを費やすくらいなら課金した方がいいかなと思っています。
リアルでやってたときは1プレイ2,700円かかっていたことを思えば500円は安いですしね。

何はともあれ、今日もMTGAばかりやっていました。なんだかんだでエンジョイしています。
ハースストーンやシャドウバースなどDTCGをやっている人には是非やってみてほしいですね。

一方、タスク関係はボロボロで四連休の出足は見事に躓きました。
が、いろいろと考え尽くした結果、「今やる必要のないことはやらなくて良い」
という結論に達しました。今回設定したタスクもせいぜい月末締め切りで、今頑張れる理由がない。
じゃあ先行投資ができないからと思い悩むのに時間と精神を費やすくらいなら、
もういっそのこと忘れてしまえ、というところに行き着きました。
後々後悔してそうな気はしますが、どうしても動けないのだからしょうがない。
正直今は先週の失敗もあってメンタル的にも落ちてきているのは確かなので、
ここで変に自分をいじめないようにしたいと思った次第です。
というわけで四連休初日はカードゲーム三昧でそれ以外はなにもなし。
あと、今日はTwitterを意図的に見ずに過ごしましたが、
なかなか精神衛生的にも良い気がするのでこれは明日も続けたいと思っています。

0

コメントを残す