#1075

新潟に居た思い出

産声を上げたのは、新潟ではなく実は東京都内のある病院でだった。 僕は新潟出身の両親の間に生まれたが、最初は埼玉県で数年を過ごした。 保育園に行くときには既に新潟にいたことを覚えているから、 埼玉にいたのは本当に僅かだったのだろうが、当時の写真を見るかぎりでは、 それはもう今のとは比べものにならない、広い家だった。 親の仕事の関係で何度も引っ越しているから、おかげでよく昔の事を覚えている。 今覚えている限りを、忘れないうちにここに書いておくことに、決めた。 新潟にいた思い出の中で最も古ぼけたのが、新発田市にい  [続きを読む]

#1074

旅立ち前夜

明日朝は起きている保障もパソコンが接続できる保障もないので、 今日を最終更新にしてしまいます。 というわけで新潟での最後の“今日の出来事”です。 といっても、最後らしくいい日には全くできませんでした・・。 徹夜は覚悟しており、8月までに公開を予定している小説書きに着手してみたり、 音楽を聴きながら夏帰省の計画ベースを作ってみたりしていました。 ・・が、それらがネタ出しに詰まると、やることがなくなり 思い切って寝ようとしてみました。 眠れるはずないと思ったのですが、横になっていたらいつの間にか寝てました。 起  [続きを読む]

#1073

十五万歩の足跡

2007年3月29日午前9時。 遂に、アクセス数は開設当時の目標の1.5倍に到達した。 経過日数は942日。長すぎる軌跡を、この機会に振り返ってみることにした。 “ゲームの旱魃”というタイトルを掲げて始めた、 任天堂のゲームを包括的に紹介していくことを目指すサイト。 しかし、13ヶ月という失敗に立ちながらも、結局その旗は色を変えてしまった。 「ブログ」というものの存在感が2004年から世間に浮き出るようになり、 ブログというものにネット界の各大手や、著名人が目を付けた。 そこでやっと僕は、「ブログ」というも  [続きを読む]