◆固定ページ [ID:Kc0024.7]

七賢さんの挑戦


(2005年07月09日執筆)

ヘブンズドアを極めるページ。

・チャレンジモード (管理人ハイスコア:140,870)

まずはヘブンズドア(以下七賢さん)の確認。
・1回の点火でメテオをカタマリごと消し去る
・2分半以降から飛ばなくなってくる
・10万点すらも難しい
・大きすぎると時間が経たない状態でも打ち上がりきらない
・推進力がない(=ステップジャンプによる全消し不可能)
・でも実は全消し可能
・魂メテオ以外の全てのメテオが出現の可能性アリ

と、スコアで稼ぐにはとことんまで向いていない七賢さん。
スコアを徐々にのばせるような初心者向けの解説をなるべくしていく。

1)目標9万点

とりあえず打ち上げまくって2分50秒耐えられるようにしたい。
後の“全消し”を成功してもコレがしっかりしないと伸びない、
いわゆる画竜点睛を欠いてしまうのと同じくなってしまう。
とにかく3つ揃える、揃える、揃える。
ところが実は得点を稼ぐコツもある。
それはなるべく多くのカタマリを打ち上げるということ。
メテオの打ち上げの得点計算式は“メテオ×(20+連続打ち上げボーナス)”
で表せる。
この連続打ち上げボーナスというのは、60と120で仕切られている。
というのは、攻撃メテオゲージのたまり具合の事で、
通常なら、例えば30個打ち上げた場合、30*(20+10)で900点。
それが3倍の90個を一度に打ち上げると、90*(20+20)で3600点。
大体の計算でも分かるように、約1.3倍の特をする。これは比例する。
このことを意識して2分40~50秒耐えれば9万点はいけるはず。

2.目標10万点

ところがこのままでは6桁には到達しない。
メテオアタックの方が得意ならこれだけで10万いける凄腕の人もいるはず。
が、多分たいていの人は難しいと思うので、そこで後一歩を一押し。

名付けて“七賢版全消し”。
つまり全ラインをステップジャンプせずに打ち上げるワザ。
七賢さんの場合横列が11ラインなので、3-3-5 か 3-4-4 で仕分けられる。
これをそれぞれ、素早く打ち上げるのが“七賢版全消し”。
3カ所を仕込んでおいて一斉に利き手の方からやるとやりやすい。
ただし、右から始めた場合次に降るメテオが右方向に降ってくると、
左を打ち上げている間に失敗する可能性がある。
これを防ぐには3-5-3で並べておくと確率が減る。これ以上はどうしようもない。
以上をふまえて見事全消しを決めると、大体14000-15000点入る。
これを2回ほどキメてから後は9万点の時と同じ要領で。
10万点は越えられたはず。

3)目標13万点以上

10万点を越えれば管理人を越えてやる!と思った人はいるはず。
そこで、是非越えてもらいたい。研究した限りの事を述べていく。
まず、管理人の記録を出した時は全消しを速攻で4回。
後に出した速攻全消し5回(128,510)の時よりも多かった記録。
そこで、全消しをしたときの需要を調べてみた。

-七賢さんの挑戦-スコアグラフ

上の表を見ると解る事だが、徐々に20秒単位でのスコアは伸びてきている。
つまり、時間が経つと全消しの苦労が報われにくいという事になる。
あの時の記録は確か1分04秒で全消しを4回した。
そして、需要が減るのでそれからはメテオをできるだけカタマリ単位で消しまくり。
経験上、全消しは1分になったら止めた方がいいのかもしれない。
ここら辺は目下研究中。

4)目標15万点以上

これは非常に難しい。管理人も及ばぬ領域。
最近気付いたのだが、全消し需要をマイナスにする手立てがあるらしい。
それは、2分以降、自滅覚悟でアクセルを踏むというもの。
もちろんこれは推定だが、実際にアクセルを踏んでみたら15秒で15,000点近くの点を稼げた。
ということは、2分から3分までで頑張れば60,000点稼ぐことができる。
さらに、これに加え2分までで全消し無しで通常稼げる得点を足すと120,000点。
しかし、やはりこれだけでは足りない。
アクセル踏みっぱなしで3分耐えきれるようになったら、全消しをするしかない。
調べてみたところ、最初の1分間で普通にやると22,000点前後。
ということは、全消しを1分間で3回(20秒/回)やった場合、仮定すると143,000点。
4回の場合は158,000点。理論上は4回で15万点を超えられる・・。
しかし全消しよりも遙かに難しい、アクセル踏みっぱなしでの耐久を克服しなければいけないので、
そういう点ではヘブンズドア15万点越えは相当の難易度と言える。

0

Last modified: 2016/06/06 18:55:27





コメントを残す