#77

評価


文化


8、12、15日に続く「」の話になりますが、
今日、2巻が終わりのほうまで来たので、休み時間を使って読み終えようと思って読んでいました。
すると突然、背後から「あ、『キノの旅』だ。」と。
ビックリして振り向くと、S君が。
しかもめっちゃ接近しているんですよ。(僕の)肩と(S君の)頭があたりそうなくらい。
止めてくれ・・・。
しかも、「俺それ全巻持ってるよ」とか(まだ終わってないし)
「それ字ばっかでつまらないよね」とか
(字しかないのはあたりまえだ。しかもちゃんと黒星さんのイラストもあるし)
下らない事言ってきて、邪魔でした。
しかも脳裏には今も「あいつがこの本の読者・・」というこの本の評価を下げるような影がつきまとっています。
はぁぁ・・。
まぁ、読書中はそんなこと忘れていますけどね。
「キノの旅」の読者さんならあの本の面白さが分かりますよね。
心残りになってしまっているのは言ったのがS君だから、かもしれない。

コメントを残す