#134

心にもない俳句を書いた日


今日の出来事 空想


「寒くてもあなたの気持ちはあげられる」
俳句です。季語は「寒くても」。
意味は、そのままです。といっても分からないですね。
テーマは、「献血」。そう、献血の俳句コンクール出品作品です。
強制、クラス全員。
心底俳句作りは久しぶりだったので、心が騒いでいました。
だが実際は、僕は、「献血」なんて聞いただけでぞっとする人間です。
なのでそんなものをテーマに俳句など作れるか!
ということで別のテーマでも通るような、淡いイメージの俳句を作りました。
先生が説明して理解してから紙が配布されるまで―
その間2分ぐらいで。
前の席の女子に見せてとか言われたので半分了承しないまま見せたら、
意外と評価高かったです。
「絶対六本木ヒルズ行けるってー!」などと。
(※六本木ヒルズ・・入賞すると行けるらしい)

それを聞いて、
いつの間に人に評価されるような言葉を作れるようになったんだろう、
とか思いつつ実際はめちゃくちゃ照れていました。

心にもない俳句を書いた日” へのコメントが 2 点あります

  1. 「寒くてもあなたの気持ちはあげられる」

    私もその、クラスの方と同じです。とってもいい俳句ですね~^。^
    すぐ、ポスターに書いて、街角に貼りたいくらいですよ

  2. ありがとうございます。
    まぁ六本木ヒルズ行けたらいいなとか思っています。
    日記にお土産話とか載せられるし、公欠扱いで休めるし(笑
    でも挨拶とかするならやだなぁ・・。
    でも多分、季語が曖昧なので審査委員的にはボツかと。

コメントを残す