#196

目覚めたら夜だった


今日の出来事 自分


今日は・・・昨日の天気は何だったんだというほど、悪天候でした。
つまり、雨風。立ちこめる雨雲は、太陽を包んで辺りを暗くする――。

登校の時、とんでもない風でした。
家の中からでもびゅーびゅーと聞こえてきたので、
これは前途多難だなと思っていると、なんと追い風でした。

直線の道は猛ダッシュで、それこそ昨日の止まらない走行より早く、
とても爽快でした。雨があるのでズボンが濡れ、その気持ちは半減でしたが。


明日は心の中では3学期最後の試練。11日も学校ですが、
たった2時間の講習なので問題なし。
・・・本当は講習、キャンセルするつもりでした。
昨日、朝のHRで先生が、
「申し込んでも出ない様な奴は今日中にキャンセルを申し込んでもいい」
と言ったので、帰りのHR(機会がその時しかなかったので)に言いました。
そしたら、もう遅いと言われ、ダメでした。
今日中じゃなかったの!?
そういいたかったのですが、直後女子の家庭科のテストだったので、
踵を返さざるを得ませんでした。あ~あ。
なら、サボってみようか。ともできず、出ないといけないんです。
まぁ、たった2時間ですからね。
そうなると学校でのコストが減る分、朝が辛いです・・。
「なんでたかがそんなことのために登校しないといけないの?」
という疑問がわき出てくるんです。だから朝は辛い。
いつかのあの時みたいに、「あ、寝過ごしちゃった」
で済ませられないかな・・。

コメントを残す