#268

川の流れ -中編-


ゲームのプレイ日記 今日の出来事


GW帰省2日目。

いつの間にか12時を過ぎており、僕はまだ眠たくないのですが、
従弟がさっさと寝てしまったので寝ました。
そして起きたのは、昨日と同じ9時半。珍しい。
弟や従弟が近くの大きな川に散歩しに行くと言う事で、ついていきました。
下流の方で、浅く広いその川で珍しい石を探すために来たらしく、
それにつき合っていたらいつの間にか正午。
昼食を済ませ、しばらくしてまた川へ。
といっても今度はさっきとは逆方向にいて、
“天然水だ”などと聞きました。
意味を分かっているんだかいないんだか。
実際にそれを見てみると、なんと川の縁の小さな崖の壁面から水が、
まるで湧き出ているかのように流れていました。
それを汲んでみようと一旦家に帰りペットボトルを持ってきて、
いざ汲んでみても砂が入ってどうしようもない。
いつの間にかその崖の破壊作業になっていました。
壁面に顔を出している大きな石を日没までに落とすのが目標・・。

で、ペットボトルでの水流による地道な落石作業が始まりました。
泥を落とし、どんどんと姿を現す大きな石。
だんだんと落ちていく灯。しかし石はびくとも動かず。
側面にほとんど隙間を作り、上面も全て顔を出したのに微動だにせず・・。
結局諦める事に。そもそもなんでこんなことになったんだろう。
帰ったら6時半。すぐにお風呂に入ったら、めちゃくちゃ熱かったです・・。
42度なのに。おそらくさっきまで寒い思いしたからかな・・。
そしてその後すぐに夕食。その後はいつもと同じメテオス三昧で終わりました。
弟達はそれなりにマリオパーティで盛り上がったらしいですが。

何故か帰省中はゲームの調子が良くなる自分。
サボン32万点、ダウナス555万点、オレアナ334万点などと、
メテオスのチャレンジモードの記録も続々と更新しました。

しかし帰省特有のイベントは特に無く、11時に就寝しました。

0

コメントを残す