#355

点線の樹


今日の出来事


今日の1時間目は情報の、プレゼンテーション作品の発表でした。
―といっても、時間の関係上発表ではなく提出されたものをランダムに見ていく、
という至って単純なものでした。
つまりはみんなが作った作品をみんなで見るわけです。
僕はゲームクリエイターについて調べる事にしていたのですが(#317『夢故の重み』2005年06月14日)、
その3ページ目、“オートシェイプ”点線、アニメーション“ホイール”を組み合わせた、
「点線の樹」なるものを作ってみたのですが、結構みんな驚いてくれました。
要はまず1本の線が下から上に伸びていき、
その後項目の「ボーダーライン」が枝のように伸びて、
同時に各項目(文章)がフェードインといった感じです。
花火をイメージした感じのアニメーションかなぁと自分でも結構気に入ってます(汗
2学期はいよいよ本番・・。
作品と発表態度のギャップをどうしようかとか思っています・・。

あと今日はその時間含め、2限も、朝のHRも、先生方の毒舌が光っていました。
まぁ担任K先生は「耳にタコができる」台詞だったので別に光ってませんが、
まずその情報の時間は、生徒の作品を見て、決して先生は褒めないわけです。
大抵が、
「こんなに文字多いと見て貰えないぞー」
「背景とかは凝ってますが、そのせいで見難いですねー」
とか。まぁ色々。
僕の場合は唯一、
「一番ボリュームが凄かったですね。3枚じゃ足りなかったかな」
と褒めてるんだかよく分からないコメントを頂きました。
まぁここはとりあえず褒められたんじゃないかというS君の言葉を受けておきます。
流石というか、イラストを描いて添えた人とかもいて、
やっぱ上には上がいるんだなぁとか思いました。

で、2限の英語IIは、あまりに寝ている生徒がいるせいか、
「なんでわざわざ学校来て寝るのか、その神経がわからないですね。
寝ているところをビデオにとって親に見せたいぐらいですよ。
親がこんなに金のかかる学校に行かせてるのに、寝てちゃ親の苦労もバカみたいですよ。
まぁ聞いているのは起きている人であって、
一番聞いてほしい寝ている人はなんの知ったこっちゃ無いといった感じですが」
と普段通りの口調でかなり怒ってました・・。

ちなみに、7限の数学では先生は、
「寝たい人は寝てもいいよ」
と笑って言ってました。

0

コメントを残す