#494

勇気の詩


創作


今まで独りで生きてきた

喋らない事に慣れてしまった

もう誰もいなくても生きていけると思いこみ

来る人を拒み 去る人を追わず

ただ自分だけのセカイを

大事そうに眺め歩く人生

何もしなくても人は生きていける

何かするから人は笑い合える

君が誰かに語りかければ

きっと笑って応えてくれるだろう

ヒトとヒトとの関係は

何千年経っても耐えるものじゃない

もしも蔑み嘲り笑われても

それが“結び”の全てではない

表があれば裏があるんだ

2分の1の賭けに君は怖がる事はない

ただ君のした事が跳ね返ってくる事

これだけは覚えておいた方がいい

今見えるその視界は君だけのモノ

誰だってそのセカイは覗けないんだ

だからお互い何が見える?っていう“会話”を

色んなヒトと“交わしあい”笑い、泣き、関心し合い

同じだと思って 伝わって

「わかる」って言ってくれたらそれだけで誇らしい

勇気なんかいらない

踏み出さなきゃ何も始まらない

inspire to challenge. “本気”はいつも君の中に

possibility in the heart. 君しか知らない君の路

——————————-
42作目。“一匹狼をなぐさめた”
英語初使用です。といってもまだ英語の授業で習った程度のものですけど(笑)。
第1連を1日に、第2連を2日に、修学旅行を挟んで第4連を12日に、
そして第3連を13日に作って完成したものです。
第1,2,4連はクラスの自称プライドが高い人間嫌いD君をなぐさめたパートで、
第3,4連は会話というものを称えた、あるいは喜びを謳ったパートで、
この詩全体はそれら2つが混じってできあがっています。
どちらかというと僕は頭をなでるような詩を作るのが得意なのかも、
と最近少し思っています。

勇気の詩” へのコメントが 1 点あります

  1. 夢を見ていた。ヶド変わった。
    君が教えてくれた。夢を見るのもいぃヶド,
    友達が居て,家族が居るこの
    本当の世界を楽しむのもいぃことだ。
    その日ヵら勇気を出して喋ってみた。
    もっと楽しい毎日に変わった。
    そして,『勇気』と言ぅ言葉の本当の意味
    も教えてくれた。
    ぁりがとぅ!大切な友達☆★

コメントを残す