#765

運がよかったことの後悔


先週の木曜日、体育の時間以降ふて腐れたのをきっかけにずっと物静かに過ごしてきました。
その傷が何故か今も癒せず、他人から見れば非常に暗い毎日を送っています。
こうなると日記を書くのが非常につまらない。
しかし毎日書くのをいままでルールにしてきたので書かないわけにはいきません。
だからこそこうやって書いているわけですが・・。

結局、学校生活が面白くなるか否かは座席に関わっているような気がしています。
席替えの度にこんなことを言っていますが、今日改めてそんなことを思いました。
窓際族だったものだから、当時は運がいいと喜んでいましたが
こうやって過ごしていくと、この窓際という席が授業への意欲や休み時間の会話数、
その他諸々にデメリットが生じてくることがわかりつつあります。
特に授業意欲は頭を抱えています。視力の関係で、右半分が見えないという現状・・。
この問題は板書する字が薄い先生の現代文だけに限りますが、
点数を取りたい教科だけに少し深刻に考えています。
・・が、今までのノートを見ればワークの答えを書いていくだけのようなので
自然と対策方法が見つかるわけですが。

1学期期末テストまであと13日。
脱窓際族はその少し後になるはずなので、後少しの辛抱だ、と勝手に結論づけています。
この際期末テストはどうでもいいかな・・とも思っています。