#812

大海の詩


創作


僕達は今 ひとつの淵にいる

僕達は今 時間の思うがままに

別れ別れに なろうとしている

いつも あっという間に終わると脅され続けた

今 あっという間に 3年間 終えようとしている

いつも 朝から会っていた人と

別れ別れに なろうとしている

はっきり言って 恐い

この中で二度と会えなくなる人もいると思うと

それより恐くてたまらないのが

この場所から旅立とうとしている事

人力飛行機が落下するのを見て思った

よっぽどじゃなきゃ

独りで生きていくのは無理だ と

これまでは 人の支えがあって生きていたから

僕はか弱くでも生きてこられた と知ってたから

痛いほど縛りつける戒律 親を苦しめる学費

本当にどうしようもない学校って思ってた

今は既に懐かしささえある 心からいい学校に見える

その場所に背を向ける日が来る

僕達は今 ひとつの淵にいる

向こう側に渡れば もう 帰れない

――今思えば この深い溝を飛び越える術を

3年前の自分は知らなかった

あの時なら走ってジャンプしたろう 今は 違う

3年掛けて造った橋を今 渡る――

日々を送ることで得たモノ 経験値

レベル19になった今なら

波乗りだってできるはず

僕達は今 時間の思うがままに

放たれた

広い 社会という名の大海へと

———————————-
65作目。高校卒業寸前から独り立ちへの時間をうたった作品です。
連想ゲームのように言葉を繋げているうちに「レベル」という言葉に達してしまい、
結局一昨日からの「ポケモン」の影響を被った詩になってしまいました。
僕はまだ卒業まで時間はありますし、こんなのはひとつの空想でしかないですが
そういうのも書いてて面白いです。19歳になった自分が読んだらどう思うだろう、
とか未来のことを思いながら書きました。
ちなみに「なみのり」は覚えられるポケモンなら「ひでんマシン3」を使えば
レベル5でも覚えることはできちゃいますが、そこら辺は目をつぶってください。

今日は「9時に寝て13時に起きた・・」ぐらいしか話題がないので
詩だけでご勘弁・・・。あー・・あと、8月ですね。そんなぐらいです。
昨日おい森の(ゲーム中の)掲示板を見たら、今週末に花火大会があるみたいです。
おい森卓上カレンダーも7月をめくり、8月に。夏休み本番開始の象徴日だったような日でした。

0

コメントを残す