#818

ほんとうの夏休み #2


今日の出来事


帰省2日目。
起床直後に「海に行く」と言われ、寝ぼけまなこで車に乗り込みました。
着いた場所は昨日の花火大会と同じ浜辺で、この日の海水浴客は海を埋めんばかりの数でした。
とりあえず例年行っている推進2mぐらいの人気の少ないところへ行き、
今年はもっと向こうに行こうかというところで昼食の時間になりました。
昼食は昨日と同じラーメン屋へ歩いていき、海水浴の本番は今度こそテトラポットの方へ。
この海水浴場は何故か2本テトラポットが引いてあり、前の方は人が多いですが
深い奥の方はほとんど人がいないのでそっちの方へ向かうことに。
水中メガネを借りて水の中を覗くと推進4~5mはありそうな深さ。
弟がカニ捕獲用に持ってきたアミを落とした時は軽く恐怖に包まれました。
どこまで沈むんだ、というぐらい深くまで沈み、
流石にそこに居合わせた従弟の父親も取りにいきませんでした。
巨大なテトラポットに行き着くとその付近は人が近づかないからか、
魚の群れやカニが沢山いました。
テトラポットに挟まれた空間には差し込んだ光が反射してとても神秘的だったり、
そういえば水中メガネで水底を見た時は水中庭園などを描く時によくある光の線も見えました。
浜辺付近は濁ってもう海なんだか泥水なんだか分からないですが、
それに比べて深いところは感動の連続。行ってよかったと思います。

帰ってきてからはみんな疲れ、僕も6時半から10時まで寝てしまいました。
それからは大会を進めるつもりが、睡眠のタイミングのずれからほとんど全員があつまらず
そんな中従弟に話を持ちかけ、
「ポケモン」のサワムラーを交換して貰いついにポケモン図鑑を完成させました。
その後の雑談ののち、自分一人以外みんな寝てしまいました。
僕は1時半から3時までの1時間半、
大会の「スコアアタック」に分類される1人でできる項目を進めていました。

0

コメントを残す