#1168

昼夜関係無し


“今日の出来事”を書くときは、通常朝から順番に今日の出来事を思い出して、
その順序どおりにやや箇条書き気味に書いていくというのが
いつしか定着していたのですが、なんだかそれによって「睡眠」に関する事項を
どうも書き過ぎているような気がしてなりません。
もう冒頭といえばこれ、これでほとんど終わってしまうときもあり、
まぁいいように文字数稼ぎに使っているというわけです。

そんなわけで今日もこれ・・といっても、
この頃は睡眠は1日の始まりではなく、1日の終わりとしての位置づけになっています。
今日も前日夕方の昼寝以来一睡もせず夜を過ごし、朝になったら学校へ。
思えば火曜日にちゃんと授業に出たのは1ヶ月ぶりのことでした。
つまらない経済学(1限)は眠たくなかったのに面白い心理学(2限)は大爆睡。
腕をまくらにしてうつぶせる、典型的な睡眠学習の方法をとったのですが、
頭の体重による腕への圧迫がもう・・。
起きた時は右も左も手首から先が全く動かず、手のひらが真っ白に。
で、しばらくすると手首から一気に血が流れ込んでしびれたような感覚になる・・
あれ、気持ち悪くてしょうがないんですけど・・。
今度は授業中快適に眠れる方法も探さないとかな・・。

火曜日は3回休んだうえに前々回は午後をサボっているので、
とても久しぶりな午後。まぁ嫌いな授業なんですけど・・。
サボっていたおかげで何言ってるかさっぱりでした。こんなんで大丈夫なのか・・。

4限に中途半端な寝方をしていつかの土曜日のような気分悪さが少し出てきたので、
帰宅後はパソコンも開けずにベッドに倒れました。
ここで夕食時間帯の19時までに起きれば改善の余地はないこともないのに、
20時半まで大爆睡・・・。ものすごい悪循環ですよね・・。
気がつけば外は日が暮れて、部屋の照明も付けていないので真っ暗に。
なんだよこれ・・と現実放棄したくなる瞬間です。
何もしたくないという感覚が指先まで蔓延しているものの、
餓死するわけにもいかないのでカレーを作って食べました。

昨日書いたとおり、ちょっとした音楽との出会いがあったので
これら悪循環の中で唯一得られる“真夜中”は比較的充実した時間を過ごしています。
そう考えるとまんざら全部悪いわけでもないし、頑張りようによっては
昼間を取り返すぐらいの時間が夜中にはあるので、
この生活リズムをいい面で見てとれないわけでもないと思っています。
とりあえず、外出ができないのが明確なデメリットかな・・。
あとは僕にとって午前5時も午後5時も大して環境が変わるわけでもないので。
でも今はとりあえず少しでも夜明けに睡眠時間を設けるべきか・・。

余談ですが今日、ガス料金未払いの催促が郵便受けに入っていました。
また面倒なことが・・。
以前、振替手続きをした時の記憶が薄く、
確かあのときはガス代も手続きしたような気もするのですが
どうやら電気代だけだったみたい。確認の方法を現在捜索中・・。
まさか詐欺とかの類じゃない・・よね?