#1182

ペラペラな冒険 #1


ゲームのプレイ日記


今日、Wiiのバーチャルコンソールで「」をダウンロードしました。
これの次回作を以前した時に物語を追った形式でプレイ日記を書きつづっていたので
今回もそれに倣おうと思います。今回はちゃんと最初からやるので
タイトルも整理していくつもり。
ちなみに連載期間はもちろん全クリまでですが、
途中、確実に帰省とぶつかるのでその時は休むことになります。(13~16日)
その前後で載せていくという形になる予定。順調に進めば20日前後に終わると思います。
その期間中の“今日の出来事”は基本的には休むことになりますが、
何かあったら一応2件目投稿で書くつもりではあります。
まぁそんなことで、経験者も(分かりづらいだろうけど)未経験者もお付き合いください。
普段の“今日の出来事”を目的に見に来ている稀有な方がいましたら、すみません・・。
そういう方は13日まで見ない方がいいかも。

*  *  *

物語は、「スーパーマリオ64」と同じくピーチのパーティ招待から始まります。
マリオとルイージが住む家に手紙が届き、
マリオ達はさっそくキノコタウンのピーチ城へ。
城の中はいろいろな人でにぎわっていました。なんかペンギンもいたし・・。
ピーチ姫はどこに行ったのかと探していると、奥の部屋で休んでいるとのこと。
マリオは会いにいくために、奥の部屋とやらへ向かいました。
進んでいくと、大きな広い廊下で窓を眺めているピーチ姫が。
何か話しましょ、とピーチがマリオに語りかけた、その瞬間に
突如として城が大きく揺れ出しました。
「今のはいったい・・」
そしてピーチとマリオは窓の向こうを見て、相当に驚きました。
昼間のはずが、夜に変わっている・・・。

そこでさっそうとクッパ&カメックババ登場。
「わがはいの城でピーチ城を持ち上げてやったのだ!」
どういう原理でそれが成し遂げられるのか、矛盾の多いセリフでしたが、
そんな発言をしたクッパの手にはなにやら星型の先端を持つ杖が。
スターロッド?いや、クッパの話によると「スターのつえ」という名前だそうな。
これがあるわがはいはもはや無敵なのだ!といろいろうるさいので
ピーチ、マリオにこいつを蹴散らせと命令。
しかしマリオはそのスターのつえの力を得たクッパにコテンパンにやられ、
空高くに上がった城から一人投げ出されてしまいました。

クリボー一家の家がある田舎村、クリ村。
マリオはそこにいたクリコというクリボーの女の子に(名前そのまんま・・)助けられ、
なんとか意識を取り戻しました。
その家族にお礼を言おうと、クリボー一家の家へ。
しかし家の中(正しくはベランダ)にいたクリじいは
物干しの修理中と言って話を聞いてもらえず、外に出てみるとなんとカメックババが。
回復したマリオを見るや、村の出口に通せんぼのブロックを置いて逃げていきました。
クリじいが物干しの修理に使っているハンマーなら壊せるかも、
ということでもう一度ベランダへ。――しかしそこはベランダごとなくなっていました。
足場を失ったマリオはまたも落下・・。
落ちたところは何かの広場。なぜ庭となるべき場所がこんなに家と段差が高いんだ、
と地形に文句を言っても仕方がなく、そこで同じく普通なら死んでるはずの落下をした
クリじいがものほしごと落ちていました。
そして広場出口にはなぜかカメックババが置いていったものと同じブロックが。
クリじいに現状含め村出口のことの事情も話すと、
ハンマーもここに落ちているはずだから探してみよう、ということで捜索開始。
20秒後発見。さっそくこれでブロックを壊しました。
すると遠くからなにやら変なのが猛進してこっちにくる・・。
卵の殻をかぶった、かわいらしい恰好をしてるけど性格はいけ好かない、
クリじいいわく“ここらへんのガキ大将”ことコワッパ登場。
「ここはオレの遊び場だー!勝手にはいるんじゃねぇ!」
みたいなことをわめきながらバトル開始。
・・アクションコマンドがしばらくないので、それまではぶっちゃけバトルつまんないです。
絶対勝てる仕組みのバトルを終え、コワッパ退治。
「ちくしょう、覚えてろよ!」
退散していきました・・と思ったら、ダッシュでターンしてきて、
「ぜったい覚えてろよ、ちくしょう!」
今度はちゃんと帰っていきました。
広場出口をしばらく進むと無事クリ村にたどりつきました。

ブロックも壊せるし、改めてクリ村を後にすることに。
別れ際に、クリじいに「ガツーンジャンプ」というバッジをもらいました。
このゲームでバッジとは装備品としての役割を果たしています。
バッジポイントを使ってバッジを装備すると、それに応じた効果
(FP[フラワーポイント]を使った特殊攻撃ができるようになるのが主)
が得られます。バッジポイント[BP]は限られた値しかないので、
外したり付けたりして最強の組み合わせのバッジ装備を考えるのも
このゲームの楽しいところです。
バッジも貰い、いざ出発と意気込むマリオを見て孫のクリオが
「いいなぁ、おいらもいつか冒険にでかけたいな・・」
とうらやましそうにしていました。
そんな孫にクリじいは軽い調子で、
「そんならクリオ、マリオについて行ったらよかろうて」
マリオの仲間になることを推しました。いいのかよ、そんな簡単に・・。
かくて最初の仲間、クリオが仲間になりました。

次に目指すのは「星の降る丘」。
マリオは気絶から目が覚める直前、おかしな夢を見ていました。
髭の生えた星が、星の降る丘に来てほしい、と言っていた夢。
マリオはそこに「スターのつえ」に関する何かが知れるかもしれないと感じ、
最初の目的地をそこに決めたのでした。
道の途中で居座っていたボス・クリキングとクリレッド&クリブルーを軽くひねって
とりあえずはキノコタウンに着きました。

冒険はこの町から始まります。

0

コメントを残す