#1186

ゴールデンウイークの続き #2


今日の出来事


帰省2日目は12時起床。
スケジュールとしては、ここから帰省の本線ということになります。
起きたらすぐ昼食。学食のとは比べ物にならないクオリティのラーメンをすすりました。
小休止後、トワプリ所持者の弟がおらずテレビが空いていたので、
ここで持ってきたWii本体をつないで「マリオストーリー」の続きをしました。
クッパ城3Fと最終決戦しか残っていませんでしたが・・。
プレイ日記はロクに進んでいないのに、あっさりと全クリしてしまいました。
クッパはそこそこ強かったけれどやり直しは皆無。
一番コンティニューが多かったのはステージ4のボスかな・・。
あと、ついでに「スーパーマリオワールド」の残っていたステージも片付け。
スペシャル8面をすべてクリアしたらマップ画面と一部の敵が変わっていました。
コウラのマリオに笑ってました。
この日の残りゲーム時間は「スマブラDX」で。
2001年年末に買ったというのに、よく続くなぁ・・と感心しつつも参戦。
やっぱりブランクが響いたのか、1位になることはありませんでした。
2位は最多だったと思います。撃墜数も2位。
これの続編は今年の年末なんだろうか・・。

夜はGWの時も食べた手巻き寿司。
僕が冗談で9合ぐらい食べるといったら母が本当に9合の酢飯を炊いてしまい、
その反面全体の食欲がやや悪調子だったこともあり、相当の量が余りました。
滅多に食べられない大量のごはんを目の前にして僕も結構頑張ったつもりですが、
腹9分目くらいでギブアップ。もうちょっと無理して食べればよかったかな・・。
この日のこれ以降は昨日のような盛り上がりはありませんでした。

ところで、夕食後くつろぎタイムに母が夏休みとそれ以降についての話をしてきました。
夏休み、どうせなら後期始まる前までここにいてもいいんじゃないか、という。
確かにそうすれば金沢でのアパート暮らしよりはるかに生活費節約になるし、
そういう意味でも生活に苦労することは全くなくなるからいいかもしれない・・。
バイトに関しても切り出してきたので、これは最初の段階で自分から話しました。
まだ親に報告していなかった、バイト挫折の件について。
それを聞くと親は奨学金のあまりを使えば数ヶ月は持つと言ってくれましたが、
最終的には逃れられないのが現状。
しかし夏休みの真っ最中にこのことで苦悩を抱える必要はないと促してくれたのは
かなり不安を払拭してくれたように思えます。

23時半、昨日よりやや早い就寝時間を迎えるも、暑くて眠れない。
そんな中、夏休みどうするか、自分の答えを出すべく延々と考えていました。
正直な話、確かになんの苦労をする必要もないこの実家という環境で
くつろぎながら夏休みを過ごすのは、これ以上ないことかもしれない。
けれど、冷静になってよく帰省を見つめてみると、
どうも1ヶ月半自分が実家にいるということはあまりいい結果になるとは思えない。
というのは、GWの時も多少気が付いていたのですが、だんだんと両親が物静かになり、
弟たちが僕や従来の親の戒律がなくなったことで、
かなりわがままになっているような気がするんです。
僕は帰省中の身なのでそれに関しては突っ込みをいれないことにしていますが、
これが1ヶ月半以上という長期になった場合、巻き添えをくう、
あるいは首を突っ込んでしまうということになりかねないのではないか、
という不安があります。実家での全体の生活リズムもかなり変わっているし、
それに適応していかなければならないというのもあり、
また1ヶ月半も何もしなくていい環境で過ごした後、
果たして後期に復帰、ましてバイトの開始などできるのか、という不安もあります。

従来の祖父母家への帰省も、わずか3,4日という限られた時間だからこそ
楽しめるのであって、1か月もいると堕落を通り越してしまう。
実家になったばかりの実家も、それが言えるのかもしれない・・。
以上のことを色々考えると、そう単純にはい・いいえで解決する問題ではなさそうです。
よく考えてから決めるつもり・・。
まぁ、楽に越したことはないだろう、というのが今の時点の答えかな・・。

0

コメントを残す