#1194

ゴールデンウイークの続き #10


ゲームのプレイ日記 今日の出来事


帰省10日目。
地震による・・(以下略

月曜日は逃れたいとかやっぱり行くべきかという選択肢だったので迷わず休むことに。
しかし火曜日からは各講義の前期最終回になるので出ないわけにはいきません。
というか、今更気がついたんですけど火曜日はテストがひとつあるみたい・・。
とにかく、月曜日に帰るというのがこの帰省の最大延長となります。
なんだかここまできたらテストも全部サボりたい気分ですが
さすがにそうもいかないので、しぶしぶ高速バスの予約手続きを。
コンビニ支払は親が車でひとっ走り行ってくると言ってくれたので、ここは甘えて
僕はネット予約の作業のみを午前中に簡潔に終わらせました。
午前は他にもスマブラDXで使い手以外のキャラクターの練習を改めてしていました。
「X」で役に立つのかどうかは不明・・。

昼食は諸事情でカップラーメン。
それが終わってからは弟がトワプリを始めたので
僕は昨日の日記ログデータ抽出作業の続きをしていました。
この時点で400件目までが終わり、なんだか思ったより長くなさそうです。
当然、金沢に帰ってから硬直してしまっては意味がないのですが・・。
そんな暇な最終日午後でしたが、気まぐれな発言がきっかけで
とある大きな古本屋に行くことに。
こうやって親の運転する車でどこかへいくのも
もう本当はしちゃいけない年齢なんだと思うと少し恥ずかしい気持ちもありましたが、
弟も付いてくるとなるとそんな気持ちはどこかへ飛んでいきます。
兄弟ってそういうもんなんです。五男が子供である限り僕も子供・・
というのは極端かもしれませんが、なんか兄弟って年齢を足して人数で割ってる、
そんな気がしてなりません・・。実際僕の精神年齢とかかなり若いんだろうな・・。
あ、でも弟が実際より精神年齢が老けてる感じはしないな・・。

ともあれ、その巨大古本屋に到着。
ここは、ゲームからそっち系コレクターが好みそうなものまで、
ありとあらゆる中古品が並んでいます。一見すると奇妙な建物です。
中に入ると、もう人と物があふれんばかりにごった返していました。
入口付近は1000円ガチャポンがあったり、駄菓子コーナー、
リサイクルではないはずなのにケータイ新機種コーナーなど。
そして正面を進むと古風な雰囲気のレジがあり、そこから右手がフィギアとか、
左手がゲームとマンガという仕分けになっていました。迷わず左へ。
しかしゲームコーナーと一口に言っても、それはもう膨大な量で・・。
ファミコンソフトが数メートル上まで並んで吊るされた干し柿状態になっていたり、
スーファミも以下同文。その2機種でかなりの数を占めていますが、
他にもネオジオとかセガサターン、ディスクシステム、ゲーム&ウオッチと
27年前からのゲームの歴史をすべて包括しているみたいでした。
もちろんゲームキューブやWiiやPS2、PSも。
そういえばPS3は見かけませんでしたが・・。
僕が真っ先に行ったのはゲーム&ウオッチのコーナー。
このブログの前身を知っている人は少ないと思いますが、
それを運営する頃まで、僕はそれはもう大のゲーム&ウオッチ好きでした。
しかしこれは27年前のものでもあり、一部のコレクターの間で飛び交っているものの
まず普通の店では見かけることができないレトロゲームです。
普通規模の中古店でも滅多に見かけることができません。
しかし、ここにはちゃんとありました。しかもかなりの数が・・。
コーナーは小さく分けて2つあり、一つはプラスチックケースに入れられて
棚に並べられた、比較的安いゲーム&ウオッチ。
任天堂製品以外の、ゲーム&ウオッチに似た商品が主にこっちでした。
そして分かる人にはその価値が分かる、任天堂製品のゲーム&ウオッチのほとんどは
ガラスケースの中で並べて飾られていました。手に取ることができない・・。
見た感じでは全盛期のワイドスクリーンやマルチスクリーンのものが多く、
相場は大体5000~30000円。まぁ普通の人は興味本位でも買いませんね。
その中にはとびぬけたものもあり、知っている人は知っているであろう
限定版の「スーパーマリオブラザーズ」なんかは98000円だったり。
これはもう、思わず喉から手が出るところでした・・。
実物を見たことがなかった「スピットボールスパーキー」なんかもあったりして、
なんというか久々にG&W魂が復活した瞬間でした。
もちろん一つも買えず・・。シルバーシリーズの「ファイア」が4000円で、
これはかなり値段の割に価値がある狙い目だったのですが
今後、もしDVDレコーダーを買うならそれすら買えないだろう、
ということでこれも買いませんでした。後に、結構お金があまりあることを知るんですが。
今度来た時、お金があるならひとつくらい買ってみようかな、と考えています。
昭和大橋を渡って自宅へ。帰宅したのは17時でした。

なんだかもう当たり前の日々になりつつあった帰省もこれで最後。
夕食は、それを配慮してくれたのかかなり豪華な海鮮丼を作ってくれました。
両親が買物の時に配慮したのかは知りませんが、
さりげなく食材の産地をちょくちょく聞いたところ、これも含めて
今日までの夕食の食材のほとんどが新潟県産だったような・・。
巨大すぎるホタテを最後に、この10日間本当に食事に関しては豪華すぎる日々でした。
またしばらくこういう食事にありつけない2週間が始まるのか・・。

2夜連続でほとんど眠れていなかったので、この日はすぐ就寝しました。
なぜか0時頃に目が覚めてしまったのですが・・。

0

コメントを残す