#1220

僕らの夏休み #5


今日の出来事


2007年夏帰省最終日。
つまり夏帰省後半3日目にして、夏帰省総計5日目の、実家帰省1日目、夏休み8日目。
この日はいつ帰るか分からなかったものの、例年のパターンでいくと
昼食を食べて帰るだろう、というみんなの憶測が見事に外れ、
その昼食頃の時間になって「夕食後に帰る」ということが知らされました。
従弟の姉妹と母が来るというのでにぎやかになるかと思いきや
彼女らは実家に来て早々、墓参りもそこそこにジャスコに服を買いに行ったそうで。
以後夕食の寸前まで帰ってきませんでした。
何のためにここに来たんだと言いたくもなりますが、最小限のことはしているので
まぁ勝手にすれば、ってとこです。
とはいえ僕ら男子6人にとってもこの時間帯は想定外だったため、暇すぎる・・。
3時頃、おもむろに近くの川に行ってみることにしたのですが
川の形が大分以前と比べて変形しており、行きたいところに行けなくなっていました。
というか探索したところでしたいこともなく、
童心に帰って石投げをして帰りました。
調子に乗って後日二の腕が筋肉痛になったというのは秘密。

帰ってからは、通常の2階の男子部屋は暑くて敵わないので
1階の冷房が効いている部屋でくつろいでいました。
従弟と弟で碁盤を持ってきて五目並べを始めたりしたものの、
この時間帯は本当に何をするでもなく過ごしたという感じが強いです。
こんなに暇な時間が多かった帰省も久しぶりかも・・。

19時頃、ようやく買い物班が帰ってきたので夕食に呼ばれました。
夏休みに未成年が8人以上揃ったのは実に3年以上ぶりのことでしたが、
もうなんというか男子と女子の間に高い空気の壁ができたというか、
女子がいても昔のようにみんなで笑うような場面はひとつもなかったと思います。
というかその時に僕は女子とこの帰省初対面だったのですが、
長そでだったことを指摘して「デスノートの××みたーい!」
みたいに言われたのはなんだか気に食わなかった・・。
デスノは知らないけど、とりあえず好きで長そで着てるわけじゃないんだから・・。
っていうか最年長の従姉がイメージ変わりすぎてちょっと・・。
ああ、もう昔みたいに12人で騒ぐことはないんだなぁ、と感じたひと時でした。
夕食後すぐ帰りの支度をして、20時に出発。
21時半には半か月ぶりに実家に着き、我が家の犬とも再会を果たしました。

*  *  *

今回の帰省は、帰省らしくない帰省だった・・というのが率直な感想。
記事に書くために思いだそうにも、何をしたのか覚えていない時間帯が多かったのも事実。
なによりも、今回で僕は特に、いろいろカミングアウトしてしまった帰省でした。
多分長くなると思うので、#6に続きます・・。

0

コメントを残す