#1236

最初の一歩まであと一歩


デジモノ


本当は5000文字ほど朝に書いたのがあるんですが、
眠たくて推敲とかやってられないので別に書きます。

1時間半睡眠で夜が終わり、そしてまた昼ごろになると眠気が襲い
そのまま起きていると、20時頃にピークを迎えるも
いざ横になってみると眠れない、枕もとのスタンドライトを点けて
暇つぶしに漫画を読み始める・・。
そんな不眠症っぽい生活が続いていましたが、
今日ついに妥協して昼寝しました。6時間寝ました。
でも何故か現在かなり眠い状況・・。もう慣れてしまったのかも。

昼寝から復帰後は、昨日に引き続き録画のテストをしていたのですが、
昨日の最後になんだか変な操作をしてしまったのが原因か、
1枚目のDVD-RWをパソコンで読み取ってもファイルが表示されなくなりました・・。
確かに録画はしたはずなのに。ファイナライズというのはやっぱりマズかったか・・?
反応のわずかなずれにもそこそこ慣れてきていますが、
動画投稿できるレベルには到底及びません。
3周年記念更新が、準備期間残り2日にして途方に暮れています・・。
ひょっとしたら何もやらないという可能性も・・。
次はフォーマットしてからもう一度試したり、2枚目を使ったりして再度試す予定。
いかんせん取り込みの方も思ったよりかなり難しく、
信頼できそうなソフトはことごとく有料ソフトという・・。どうなるんやら。

あと、例によって機種変の話ですが・・。
なんだか目当ての機種の取説を読めば読むほど暴走しそうになるのですが・・。
読めば読むほど今のケータイが物足りなく感じてしまう・・。
ですが、昨日気が付いたことですが、大きなデメリットを発見。
サブディスプレイがないということは、
夜の時間確認をするたびにメインディスプレイを表示させないといけないということ・・?
これはかなり不便のような・・。ぱっと見、時計だけを表示するモードはなさそうだし。
壁紙を真っ黒にするわけにもいかないし・・。
そういう意味では現行機W44Kはサブディスプレイ脇のボタンひとつで確認できるため
こちらの方が手軽さではかなり優っていることになります。
まぁスライド式ケータイをほぼ触ったことがないので何とも言えませんが・・。

逆に、現行機の大きな弱点が閉じているときの着信を知らせるネオンウェーブ。
着信の瞬間に見ていれば問題ないんですが、マナーモードとかで気付かなかったときは
サブディスプレイは常時点灯していないため、ボタンを押すか
ネオンウェーブの点灯を見て確かめることになるのですが
その点灯の感覚が非常に遅い・・。3~4秒につき一瞬だけ、みたいな感じです。
ケータイをぱっと見て確かめることはできないってことです。
これは、使っていてかなり目立ったデメリットです。
W54Tも本体右上のLEDで確かめられるとのことですが
これはどうなんだろうか・・。
とにかく今、機種変をすることによる有利不利を頭の中で戦わせまくっています。
余裕があれば、明日ボウリングに行く前にカタログをもらってくるつもり。
今の楽しみっていったらこれくらいのものですし・・。

0

コメントを残す