#1519

液晶平面改造計画


この2日間の生活リズムを鑑みると、まあ当然といえば当然だったかもしれないのですが、
半徹夜しました。
午後から弟とマリオカートWiiでWi-Fi対戦をする約束を取り付けていたので
徹夜をするにはかなりの覚悟が要ったのですが、
結果的には9時~13時に集中的に寝ることで最悪の事態は免れました。
まぁ、ボロ負けでしたけどね・・・。
ここで書くと腹に決めたことになるのであんまりはっきり書きたくないんですが、
実家のリズムに乗っただけで購入を決めた今回はやはりちょっと失敗だったみたいです。
まぁ、一応帰省の時に全くついていけないというよりはマシになりますが、
それがこの状況下失った5,400円というコストに似合うかといわれると
少なくとも肯定はできません。
ちょっとずつでもタイムアタックを嗜む予定ではありますが・・。

で、眠れなかった夜明けから9時までをどうやって過ごしたかというと、
イメチェン目的でデスクトップの改築をやっていました。
まぁ、アイコンの配置や壁紙、ウィンドウカラー程度なら割と定期的に変えているのですが、
どうやらその範囲を大幅に超えてデスクトップを改造する手段がある、
ということをふとしたきっかけで知り、そちらの方をいじっていました。
が、夜明け~仮眠までは今思えば生きた心地のしない作業でした。それも実にならない。

Windowsには「Visual Style」という設定(スキン?)が存在します。
画面のプロパティなどで変更できる「Windows Aero」「Windows クラシック」などのことで、
これを変更するとウィンドウの表示方式などを一括で変えられます。
で、ネット上にはこれの非公式版が出回っていまして、
中にはとびぬけたデザインも存在する・・らしいとのことなので
さっそく非公式を設定するための準備を始めていました。

方法は、system32フォルダ内にある関連の構成設定ファイル3つを、
バックアップファイルにしてさらに操作権限を変更するというもの。
システムファイルをいじることになるので結構危険です。よいこはまねしない。
とりあえずこの作業を完了して、一旦再起動。
すると、ログイン画面とカーソル以外の一切の画面が映らないという。
Alt+Ctrl+Delはできたのでひとまず再起動してセーフモードで再び挑戦。
しかし真っ黒のまま。正常時の設定で起動する項目を選んでみても全く変わらず。
さっきも書きましたが、本当に生きた心地がしませんでした。
日が昇ってしばらくしたらNECのコンタクトセンターに電話することも視野に入れつつ、
パソコンが壊れた場合の最悪のシナリオを頭に思い浮かべながら最後の手段、
コマンドプロンプトのみをセーフモードで起動。
これはさすがに動きました。

偶然にもちょっと前に興味本位でいじっていたのが幸いして、
ここぞとばかりにDSを引っ張り出してDSブラウザーでコマンドを検索しつつ
コマンドプロンプトを操作することはできました。
1時間半の苦闘の末、とりあえず正常の状態で起動することに成功。
後に別の方法でシステムファイルを書き換えることにも成功して、
なんとか最悪の事態には至りませんでした。

しかし大苦戦して設定したVisual Styleも結局はほったらかし。
別の方法――常駐ソフトを使ってデスクトップを改造する手段を知り、
今は結局後者のみで落ち着いています。
肝心のデスクトップ画面はあまり変わっていませんが、
やり方は覚えつつあるので今日は準備をした日、といったところです。

まぁ、気晴らしというか気分転換にしかならないのですが、
最近の自分にしては我ながら熱中したなと思います。
とりあえず、ようやく落ち着いたのでこの連休でじっくりカスタマイズする予定。