#1540

半強制自発的行動


文化 自分


昨日の1件目の記事でカテゴリ“今日の出来事”が1000件目を迎えたようで。
今日になるまで気が付きませんでした・・。

ところで生活リズムが戻らなくて困っています。
今週も先週も、金曜日は昼まで寝て夜は夜明けまで起きて、
翌日以降少しずつずらして『休日=昼夜逆転、平日=早寝早起き』
というリズムが確立していたと思っていたのが、今週後半は動画制作の追い込みのせいか
7時起床というリズムに戻らず、21時就寝3時起床が連続してしまいました。
もちろん今日も。というわけで明日は休みなのに超早寝となるわけですが、
生活リズムを崩す理由がもうない以上、何をやろうか困っています。
というか動画の方、せめて24時間で500再生は行くだろうと思っていたのが見事な見当違い。
まぁ浅く広いジャンルなので人が見つけにくいとは思っていましたがここまでとは・・。
落胆してはいないつもりですが、心底では嘘は付けないようで、
今日1日中すべてに対するやる気というものが皆無でした。
そんな状態で午前3時から1日が始まっちゃあもうどうしようもないというもの。
とりあえずパソコンをいじる作業はなんとなくしたくない気分だったのですが、
趣味をデジタル一辺倒にしているおかげでこれを除くとやることが全くない。
例の4代目機種変の候補選びで午前9時ごろまでは時間をつぶせましたが、
限界を感じたので気まぐれに本を買いに行くことにしました。

実に本というものに目を向けたのが1年以上ぶりでしたが、
なんというか自分でもこういう“我慢できなくて”というような機会を待っていたのかも。
今まで、教授陣からも嫌味のように日本文学部なら本読まないと、とか
本は読んで当然だよね、と言われたり、そうでなくてもやっぱり文系だし、
そうでなくても知識をつけるためにはやっぱり読まないと・・と思っていたのですが、
正直それは世間や大学から押し付けられている以外の何物でもないわけで、
他人の推薦で本を読むことをしたくなかったがために敬遠していました。
そうでなくともどれから読めばいいのか、世界が広すぎて混乱していたのもありますが。
でも今日のきっかけは、教授に言われたからじゃないし、
文学部としての責任を感じたからでもない。デジタル機器をいじるのに疲れて、
それを癒すのに本が手軽で最適だと思ったから、と自分なりの言い訳があります。
もっともこじつけと言われればそれまでですが・・。
ともかく今日は3限しかないので、お昼のバスの時間前30分ほど、
久々に本屋に行って本をラノベと新書の2冊を買ってきました。
3限の講義中は眠たくなったために読めませんでしたけどね。
そして帰宅後、一応パラパラと読んでみたもののまるで自分に集中力というものがない。
ひょっとして今の自分、高校時代の自分よりも頭悪いのでは・・・。

まぁともかく今は眠いので読み終わったら適当にまた本の話でもすることにします。
それにしても脱力感満載のこの連休、なにして過ごそう・・。

コメントを残す