#1774

二日で昼夜反転に挑戦


今日の出来事 自分


冬休み終了以来、最初の方はともかくそれ以外は休日も午前中に起きるという、
かなり安定した生活リズムで毎日を過ごしていましたが
今日はついにやってしまいました。1時就寝12時起床。

6連休なのでちょっとずつ直していくというやり方もあるのですが、
休日だけにそれはあてにならない、というか6日連続で辛い朝を過ごす必要があるので
そういう意味でも相当難易度は高いと言えます。
で、ここまで追い詰められて唐突に決心したのですが、
むしろ逆にこのタイミングで昼夜逆転してみようじゃないかと今考えています。
単純計算で、今日から24時間起きて8時間寝て、を2日連続ですれば
02月01日の朝は大体午前4時前後に起きられることになります。
その状況へ持っていってしまえば、あとは4時台に自然に目が覚めることになるはず。
起きてからも寒さとの格闘というものがありますが・・。

というわけで、開始待ちの企画を進めるいい機会にもなるし
暇という状況になったらDSiがあるしということで
今日と明日は徹夜に挑戦してみようと思います。
正直、久々ともあり、計画も例の如く不透明極まりなくやる気も微妙なので
かなり不安なのですが・・・。
実は、昼夜逆転をする意図は生活リズムの他にもう一つ利点があって、
それは帰省する時の高速バスで朝の便を選べるという事。
夜の方を選ぶと向こうに着くのが22時過ぎとなり、
完全に1日の無駄ということになります。
また夜の便の場合高速バスのバス停に向かうための路線バスの利用時に
学生の下校時間とぶつかるのですが
荷物を持っている以上、そういう事態は極力避けたいというもの。
まぁ路線バスに関しては朝の方も使いにくいのでどっちもどっちなんですが。
とにかく、この昼夜逆転を成功させれば帰省が1日増えるも同然なので、
そういう意味でもなんとか4時起床まで持っていきたいところ。

とりあえず今回の徹夜はテストのことがあるので失敗できないプレッシャーがあり、
その一方では時間泥棒のSOMNIUMを始めとした新しい娯楽や、
その気になってくれれば24時間なんて目じゃない作業がいくつもあるので
そういう意味では力勝負となりそうです。
まずは日付変更まで今日まだ手を出してないDSiで時間を潰すか・・。

ところでいつの間にか携帯各社の2009年春モデルが出ていたんですね。
目を引く機種はau・SoftBankともにありませんでしたが、
これでさらに従来機種の値段が下がってくれることをひそかに期待しています。
タッチパネルは不要とはいえ
同じ安さならFULLFACE2よりFULLTOUCHの方がいいでしょうし。

0

コメントを残す