#1784

平面世界の災害


web制作 今日の出来事 文化


つい1時間前まで頭がふらふらして死にそうでした。
どうすんだよ。課題終わらなかったよ。明日1日中工事だったらどうすんだよ。

アラームの設定時間は5時半と6時半。23時就寝で6時50分起床。
やっぱり自分は先に余りある時間がないと何もできないタイプの人間のようで、
“帰省まで残3日”という現状だからなのか、
一切の作業をする気になれず一日中うなだれていました。
一応午後からはレポートに着手したのですが、なんていうかこれ、難しすぎる。
哲学で、功利主義というものを批判も踏まえた上で説明し、
それに関する自分の見解を3,000字程度に書けというものなのですが
まず説明と言う段階がいくらgoogleやwikipediaに頼っても乗り越えられないという。
今はようやく、最近のニュースを引き合いに出して1,000字程度潰すことはできましたが
かなりこの先が難しい状況です。
ちなみに功利主義というのは
『その行為によって人間全体の幸福度の平均が上がるか?』
という計り方でものの善悪を判断すると言う立場・・・・らしい。
よくわからないけど嘘も方便みたいなものかな。

嘘と言えば、最近ブログ炎上のニュースが出ましたよね。
お笑いタレントのことなんて凄くどうでもいいのですが、それにしても
殺人予告でない誹謗中傷程度で逮捕されるなんて恐ろしい世の中になったもんだ。
線引きが把握できていないので危ないことはしませんが、
自分だってこのブログでその類の発言をしたら然るべき場所に連れていかれるわけで。
というか、過去の記事を種にして吊るしあげられてしまわないか、
正直結構不安だったりします。
軽くログを検索してみると、特定人物あての誹謗中傷は実はいくつかあるんですよね。
2005年07月28日とか12月14日とか、もう差別用語連発っていう。
ていうか4年前の自分中二病酷すぎだろこれ。本当に自分か?
まぁ前者の対象である弟全般に対しては今は当時に比べれば相当改善しているので
まさか本人から訴えられるようなことはないと思いますが、
後者は障害者全般に対して言っているのでその手の団体に指摘されたら終わりそうな予感。
とはいっても、ネット全体からすればこんなの氷山の一角だとは思うのですが。

実際、学校などの公共の場で誰々は死んでくれみたいな考えを
一度もすることなく育つ人間なんているのかという話で、
それがログが残るネットだからといって書き込み削除や規制を飛び越えて
一斉検挙にまで行ってしまうっていうのも正直個人的には疑問に思います。
まぁ今回は10年あまり中傷されたということなので程度の違いなのかもしれませんが、
然るべきところではあの程度の中傷は日常茶飯事なわけで、
もしそういう言葉をネット上で取り締まるなんていうことになったら
相当居づらくなるような気がしてなりません。
某巨大掲示板にもみられるように、ネットでは匿名投稿が簡単で、
実際自分だって素性を隠してこうしてブログやっているわけで、
匿名である以上信憑性がないというのはもはや必然的なもの。
となれば、誹謗中傷だろうがそれは飲み込む前に一度本当なのか考えるのも
ネットユーザーとしての当たり前だと思います。
どっかのタレントだってネットで中傷されているんだったら
その場面を自ら見なければいい話、ブログを開設しなければいい話なんじゃないかと。
誹謗中傷されたから被害届を出すといっても、
そんなのは所詮見えない敵と戦っているだけだろと。

とまぁ回らない頭で愚痴りましたが、
要するにああいう被害が自分にも回ってこないかが結構心配です。
自分自らがそういう発言をしなくても、
運営サイト管轄内の掲示板に殺人予告書き込みでもされたら
それだけで結構厄介なことになりそうですし・・・。

それにしても、某巨大掲示板を見ていると人生行き詰ったら殺人予告を適当にしてみよう、
とか思っている人が結構いる気がしてならない・・。
リアルタイムで見てきた殺人予告とかもみんなそういう雰囲気の人ばかりでしたし。
そんなことを思い立って逮捕されても全くいいことはなく
さらに絶望を引き起こして今度は自殺なんていうことにもなりかねないのでは?
とはいっても、殺人予告なんてされた方にはたまらないし
現状どうしようもないのでしょうが・・。

コメントを残す