#1848

講義体験一週間の末


今日の出来事


今日は4日前に買ったアルバム4枚+αを携帯に入れたため、
久々に音楽聴きまくりの1日でした。時間にして4~5時間くらい?

昨日は19時には消灯して、夜明けに起きるのを期待して眠りに就いたのですが
実際には就寝の3時間後にまた起きてしまいました。
どうにも眠れそうにないので適当に掲示板などで時間をつぶして結局就寝は3時。
そして起床は7時半。朝は新曲追加作業が登校時間ギリギリまで続いたものの
なんとか学校へ行くことができました。
1限は3年で唯一純粋な必修である就職教養V。
学校側から唯一就職についてアプローチしてくる科目であり、
まぁガイダンスなら計画まとめでもしてようかね、とぼーっと過ごしていました。
そして1限開始のチャイムから10分。講師はまだこない。
必修科目に限ってなんで教授の方がルーズなんだよ・・
と思っていたら、同じ講義室から掲示板を見に行っていた誰かさんが帰ってきて
「講堂だ!」と大声で一言。どうやら、60人規模で教室を間違えていたようです。
確かに掲示板を見てみると講義室が書いてある一覧と別にその講義専用の掲示が・・。
あまりに恥ずかしい大移動の後講堂(=外部の講師を呼ぶ時などに使う巨大な講義室)に到着。
ガイダンスでしたが、慣れないというか部屋が巨大すぎるため
ルーズリーフを取りだして何かを書いている気にはなれませんでした。

金曜日も2限がないので、この時間帯は図書館で最小音量で音楽を聴きながら
週末~月末にかけての計画を練っていました。
3限は再履修。例の、あと1単位でも落としたら留年確定というのがこの金曜3限。
流石にここまで追い込まれて気持ちを切り替えないわけにもいかないので
板書程度はするつもりだったのですが、これも適当なガイダンスとビデオ鑑賞で終わり。
そして4限もガイダンスで、漸く長い長い2009年度初週が終わりました。
最後の講義(というか演習、他学部で言うゼミのようなもの)で早速課題を出され、
来週はいきなり忙しくなりそうなんですが。
今期は火曜日のPC演習の時が、講義前後ならプリンター使い放題なので
印刷の為にUSBメモリを持って図書館なりPC室へ・・ということは避けられそうですが。
しかし大学のゼミって凄く少人数というイメージがあったのですが・・
3年の演習は3科目取っているものの、なんか滅茶苦茶人が多いっていうね。
30人前後ほど。これらの前に出て発表しなきゃいけないと思うと今から憂鬱・・。
教授の数を考えると卒論ゼミも同じようなものの予感。
とはいっても、少なければいいかというとそういうわけでもないのですが。

多人数はウザいという話に関連して、下校時は久々に満員バスに苛立ちました。
例の高校生(別の高校かもしれない)が、
今度は自分が降りるよりもさらに前のバス停で大量に待機しており
後ろ側の席でのんびりしていた自分は下車時に人を掻い潜らないといけないハメに。
あのバス停に高校生が待機しているのは昔からもたまにあったのですが・・
しかしもうちょっと考えてくれないものか・・。とはいえ、大学生も同じようなものですが。

そんなこんなで最初の一週間が終わり、明日明後日は現実逃避の連休にする予定。
なんだかしょっぱなから忙しすぎる2009年度です。

コメントを残す