#1872

唐突帰省 -後編-


今日の出来事


2日目。帰省3日目。

従弟が帰ってしまったので、あとは小4の従弟がいるかいないかというだけで、
基本的にはほとんど実家帰省の様相でした。
そして、ほぼ実家帰省という状態からPCやら据え置き型ゲームを取り除いた環境なので
事態はむしろ暇という状況でした。

8時起床、午前中は小4の従弟から『メイドイン俺』を借りて暇潰し。
ゲームを作れるという最近出たタイトルで、少し興味があったのですが
手を出してみると思いの他本格的で、
一日で完成にこぎつけられるようなものではなかったので途中で完成を断念しました。
朝食の時間帯はその小4の従弟の父親である叔父と、就活について色々と話をしたり、
そこに祖母も加わって色々と雑談に花を咲かせていました。
そういえば、こうやって大人達と関わるのも久々の体験な気がする…。
…どんだけ自分はいままでゲームオンリーの帰省だったんだよ…。

昼食は近くのラーメン屋に行こうという事になったのですが、
いつも行っているラーメン屋はまさかの行列…。
辺境の地とも言えるほどの土地にある、ほとんど一軒家と変わらないような小さな店なのに
なにやらラーメンのおいしさが評判でいよいよ雑誌に紹介されたりもしたらしくて、
多分高速料金値下げの影響もあってこうなったんじゃないかと。
自分は物心ついて間もなくのころから行っている唯一のラーメン屋ですが、
この行列のせいで食べられないのは嬉しいような悲しいような。
別のラーメン屋も混んでいたのですが、そこは割とすぐに空いたのでそこで食べる事に。
一番スタンダードなラーメンを注文しましたが、
値段が大学の学食の2倍以上だというのに、量は学食ラーメンとほとんど変わらない…
いやむしろ少なく、麺の質も滅茶苦茶いいわけではなかったという残念な昼食でした。
それにしても、どこもかしこも車だらけ…
高速料金値下げのおかげで地方は相当盛り上がったんだろうなぁ…。

午後は温泉に行きました。自分達が入浴している間は他に人はほとんどいませんでしたが、
休憩を取って、さて帰るかというところで
いかにも都会な雰囲気の若者がぞろぞろとやってきたので
タイミング的にはかなりラッキーだったのかも。

夜は小4の従弟とファンタシースターZEROをやってみたりして暇潰し。
0時半頃に寝て、翌日の帰省3日目は8時に起き、
全くものを食べないまま10時には出発しました。
帰りは行き以上に酷い渋滞、特に三条付近で事故渋滞にぶつかり、
仕方がなく高速を降りて延々下道を走るハメになりました。
そういえば値下げの影響で事故とかも多いんだろうなぁ…。

そんなわけで今回は完全無計画の3日間、
しかも頭数がそろっていたのは実質半日のみでしたが
無計画もいいかもしれない、と思わせるような帰省でした。
暇な時間が多かったのは否めないし、それは色々と準備不足だったというのもあるだろうし、
そういう意味でいえば帰省計画というものが
全く無用のものではないという事を再認識するきっかけにもなりました。

夏帰省は専門学校生の従弟が就活関係で忙しいので無理、
冬は大丈夫だろうけど翌夏は今度は自分の就活でおそらく無理…。
社会人になれば、職種にも寄るだろうけどさらに帰省できる可能性が減ってくるので
もうこれからは本当に貴重な時間になってくる気がしています。
そして、そうやってどんどん貴重になっていく一方で、
自分の中ではその時間をどうやって充実させるかと言う事を追求することに
だんだん疲れつつあると言う…。
こうして子供時代が終わるのかと思うと、悲しくもあり、嬉しくはない。

0

コメントを残す