#1931

冷やし中華談義


今日の出来事


思い返してみると、1~3月はともかく4~6月は本当に一瞬で終わってしまった気がします。
テポドンに給付金に公園で裸になったあの人に豚インフルエンザ・パンデミックと、
かなり色々あった気はするのですが、
一方自分はというと順調にマイナス思考が成長している気がします。
就活についてはもう結論を出している予定だったのに、いまいちピンとこない…
1月から予定していた色んな計画はどれもこれも気が付けば一度も手を付けていない…
こんな状況で今日で一年の半分が終わると聞くと、拭えない絶望感を感じます。

7月に対する思いはその反動でもあるのでしょうが、
先月も先々月もこういう前向きな思いを抱きつつ突入したはずなのに、
気が付いたら何もせずに終わっている気がするのはなんでだろう?
とりあえず、来月は“日を選ばない”をコンセプトに過ごしたいと思っています。
…まぁ、例年の流れでいくと7月はいつも夏バテに負けて
異常にだらだらと帰省を待つ日々を過ごすことになるのですが……。
せめてクーラーがもうちょっと賢かったらいいのに。

さて今日は3時半就寝8時10分起床。大学へはギリギリ間に合いましたが、
どうにも生活リズムが夜にずれ込んできているのが悩みです。
ということで、今も眠たいことだし今日は超早寝に取り組んでみようかなと。
リスクはブログが支離滅裂になるくらいのものだし、
早起きリズムになれば金曜の発表の準備時間も確保できそうな気がするので
ここは半日睡眠にならないようにしたいところ。
なにより、後半期の元日とも言える明日はスケジュールがかなり多いんですよね……。
ここ最近、休日は適当な時間に起きて適当に過ごし終始やる気が起きない、
という非常に生産性のない日々を過ごしているので、
これを機に方向転換できたらなと思います。
昨日までの昼寝はある意味この為のものだったともいえるのかも。

ちなみに今日発表分の話題ですが、なんと時間が無いという理由で
提出が遅れた自分は練習発表なしということになりました。なんだそれ。
提出のタイミング的に自分が悪い一面もあるのは否定できないですが…
まぁ、愚痴られたくないのが大切だったわけだしどうでもいいか。

2限ゼミは随分早く打ち切りになり、食堂へ。
自分の大学は先週頃から冷やし麺類が季節メニューとして加わったのですが、
これを食べると『そろそろ前期も終わりだな……』という気になります。
それにしても御飯茶碗ほどの麺量なのに約400円っていうのは詐欺だろ…
と思いつつ箸でそれをつつこうとすると、
「おっ、冷やし中華かー」
突然向かいに座っている人が声を出すという。
一瞬自分に言っているとは分からずにスルーしたのですが、
顔を挙げてみると次の演習の担当教授じゃないかっていう。
なんだかやたらフレンドリーな教授で、2限ゼミの担当でもあります。
2コマ連続で受講しているから顔を覚えられていたのかも。
で、軽く冷やし麺類からみの雑談ののち、
「君、パソコン詳しそうな顔してるけど――」
となにやら電子機器類の話になっていきました。
心外とは言わないけど、そう言われるとなんか否定したくなるよなぁ…。
否定はできませんけど。ていうか裸眼なのに。これは偏見か。

この教授も結構それ系に詳しいタイプのようで、
2007年以降のネット文化の何とやらを色々と話し合っていました。
食堂で長居したのは3年目にしてこれが初めてかも。
サイトを作る趣味があるとは言ったけど、
率先してアドレスを教えてみようという気には到底なりませんでした。
というか、多分もうこれからこのブログのアドレスを他人に教えることはないだろうな。
とかいいながら、更新作業を止めない自分は一体何がしたいのやら。

0

コメントを残す