#1940

妄想の数字


web制作


ちょっと昨日の補足から。

昨日、28万アクセスに達して、アクセス数の話をして、
2006年07月20日の楽天ブログアクセスカウンター仕様変更以来約半分になっている、
と書きましたが、せっかくなので“もし仕様変更されていなかったら”を計算してみました。
といっても当時は日間統計などはしていなかったので正確なデータが残っていない。
仕方がないので一番近いキリ番である2006年07月28日の120,000アクセスを元に
おおざっぱに計算してみると、120,000+(280,000-120,000)*2=440,000。
44万ですよ44万。もうずっと追いつけないと思われる2代目特設サイトを軽く超えてますよ。
まぁでも、その特設サイト(現在35万pv)が子サイトであると考えると、
むしろ親サイトのこっちはそのくらいのアクセス数の方が妥当なんじゃないかと思ったり…。
夢の運営サイト累計100万アクセスは間近ですが、
ブログ単独で100万に達するのはいつになる事やら。と、計算してみると、
現在の総平均158.08アクセスが延々と続くと仮定すると、なんとかかる日数は約4,555日。
100万アクセスに達する日は2021年12月26日。12年5ヶ月後…ということは33歳か。
生きてるのか?自分。ていうか、このブログが。
ちなみにカウンターの仕様が変わらない場合を仮定した時の
2006年07月29日から現在までの平均アクセス数は253.7。
これを代入してみると、2017年04月14日と出ました。8年後…。あんまり変わらないですね。
要するに過去を追いかけていないで、300なんて軽く超えるような数字を目指さないと
サイト運営10周年までに100万は厳しいという話です。
ちなみに10周年に当たるのは2014年。先代も含めるなら2013年08月01日です。
別に10周年に100万を目指すという話があるわけではなく、
そもそもこのブログのアクセス数面での最終目標は“10万”だったんですけどね。
…なんていうか、それにしてもつくづく思うんですが西暦って魔法の数字ですよね。
二桁目が「1」になるだけでなんでこう近未来的なイメージに変わるんだろう…。
さすがに2020年を超えると現実味がなくなってしまいますが。
逆に、2000年代の持つイメージってなんでこう親密的というか、親しいんだろう。
そして1999年以前になると一気に暗くなるというか。
2000年代ってリズム的にも言いやすいし、
1桁目のイメージが強いからなんていうかインパクトもあっていいですよね。
来年からは西暦下二桁表示に何度も違和感を覚えるんだろうな…。
というか賞味期限とか、年間計画などですでに何度か見たり書いたりしていますが、
未だに下二桁だけをかく時は最初に「0」と書いてしまう癖が直りません。
17/04/14 ←こうしてみると、一瞬「なんだこれ?」ってなるという。

そんな近未来の話はそれとして
ちょっと現実に戻ると、仕様変更を加味すると実質的に衰退していないと喜んでいましたが
ネット人口がここ数年で爆発的に増えているということを考えると
実際、水平線であるというのは衰退以外の何物でもない、
という後ろ向きな考え方も出て来ちゃうんですよね。
まぁ、2007年中盤以後のこのブログの運営面の衰退は相当の物なので、
その辺を計りにかけるとそこまで直接的に落ち込む要素というわけにもならないのですが。
…改めて、よくもまぁこんなブログに来てくれる人がいるもんだなと感心します。
ある日突然20アクセス/日とかになったら閉鎖も考えるんだろうな、流石の自分でも。
そういう事を考えると、訪問者のみなさんにはもっともっと感謝すべきなんだなと思ったり。
これで大半がgooglebotやスパムだったら笑えますけど。
楽天ブログ的に考えると後者はあながちありえないとも言いきれないのが悲しいところですが。

さらに現実的な話に戻して、今日はかなり久々に1コマだけサボりました。
木曜日1限は今まで無欠席だったのでこれが初ということに。
再履修科目なので絶対にイカンとは思っていたのですが、
朝の体調不良との激闘の末、敗北を喫してしまいました。
まず昨日の夜が不調すぎたというのもあって、昨日の夜は1時就寝。
そもそも昨日の昼に5時間半の昼寝をしてしまったのが根本的な原因なわけで、
そんなこともあって中々寝付けない、つまらない夜でした。
そして寝付けずに「いつの間にか寝ていた」というシチュエーションになると
朝は相当辛いというのがいつものパターン。
最初に05時のアラームに目が覚めるも当然のように二度寝。
その次の07時15分もスルー。1限に間に合うギリギリの線である08時15分にまた携帯が鳴って、
これは起きなきゃいけない、と思うのですが、体がどうしても言う事を聞かない。
結局「あと5分集中して寝てから絶対起きる」を3回くらい繰り返して起きたのは08時45分。
いつものバスはとっくに逃し、あとはギリギリ遅刻路線の8時00分台のバスのみ。
急いで準備をするのですが、心の中ではどうも焦ってはいない、そんな準備の末に
バス亭まで早歩きして、着いたのは08時08分。
1限開始は08時20分、あの先生はいつも5分遅れて入室するし、
出席を取るのに5分かかると仮定すると、10分遅刻までならギリギリセーフだろう、
終点のバス亭から講義室までかかる時間は約3分だから……
バスが停車した時点で27分なら出れる、それ以降なら図書館で過ごすか。
というような事を考え、漸く来たバスに乗車しました。
着いたのは、41分。
授業に出ているとたまに講義開始30分後に堂々と入って教授の前を横切って
出席カードを取っていくお馬鹿さんがいるので、
そういう人たちに倣えば一応欠席数0を保持することは不可能ではない…けど…
いくらなんでも恥ずかしいだろ、それは。
教授に顔を覚えられる危険性もあることだしということで、結局サボりの道を選びました。
まぁ、これでも2008年度に比べればよっぽどマシだし、
最終的に単位を取れればそれでいいわけだし、これでいいか……。
問題はその試験なんですけどね。
何やらもはやゼミじゃなくてただの授業にしか思えない月曜日ゼミが、
あのグループ発表のあとにまたも期末提出の膨大な課題を課しやがりまして、
それだけで今後3日分の休日はそれに潰れ、
他にも期末レポートを出さないといけない科目がいくつか。
今日、月間計画を整理してみたのですが、前半はともかく後半はもうぎっしりという。
11~12日の連休は前期最後の余裕ということになりそうです。

それはさておき、遅刻の反省がありながら今日も16~20時まで寝てしまったんだなこれが…。
最近どうも帰宅後の疲労感が半端ない事になっていて、
それに勝てずに昼寝をしてしまうのが習慣になりつつあります。
いともたやすく昼夜逆転は直ってしまうし、最近の自分の体力は本当に不甲斐ないな…。

0

コメントを残す