#1944

分岐路前で唸っている


親に、Uターン就職の支援サイトでメール相談をしてくれるところがあるらしい、
という情報を教えられたので、3日前ほどに利用してみたのですが、
端的に言って、かなり叩きのめされました。

教えられたのは確かGW直後だったか……
最初の相談だしということで、自分の状況をなるべく分かってもらうために
最低限、まずは自分の気持ちを今段階の分だけでも整理しないと、と色々考えていて、
それが先延ばしの繰り返しにつながっていってしまいました。
気が付けば7月。
せっかく教えられたのに、というかそうじゃなくても
帰省までに何かのアクションはおこさないとマズい。
インターンシップの事も言わないといけないわけだし。
ということで、意を決して、とりあえず自分は無知であるという前提で
状況整理も納得のいく段階に到達しないまま、メールを打ちました。

そのサイトはUターン就活生を対象にして、いろんな相談に乗ってくれるらしい。
『就職活動に関する悩みなど、なんでもお気軽にご相談ください。』
とあったので、それなら根本的なところから書いてもいいよねと、
自分が今葛藤していることの大体の部分と、
いままでの自分の経歴などを、およそ2,500字にまとめて書きました。
所属する学部での専門資格を全然取らなかったこと、
この学部にきたきっかけ、小中高校時代の夢、こないだもブログに書いた自己表現の話、
そしてそれを踏まえた今の就職活動に対する葛藤、世界同時不況に対する不安、
インターンシップに関する不安、などなど……。

知らない場所へ自分の個人情報が流れることに躊躇いはありましたが、
意を決して送信。翌日夕方に返事が届きました。

自分が分からないのはどういう点なのかは明確にしたつもりだったので、
それに対する回答を期待していたわけですが、メール本文を開くと、

>こんにちは。
>まずは、文章長すぎます。言いたい事を理解するのにあなたのメールを3回読みました。

………。

> >これこれこういう企業は、新潟にはありますか?
> このような企業は、新潟にはありません。

……。

> >地方公務員について詳しく教えてください。
> 地方公務員の仕事は全国ほとんど差がありません。

ですよね…。

> >インターンシップに出ないと就職活動のうえで不利になりますか?
> 就活が不利になることはありません。
> それに、学校を通さなくてもインターンシップは可能です。

それはよかった…。

> 自分の弱みは分かっているようなので、強みが何なのか探してみるといいと思いますよ。
> また何かありましたらご相談ください。

いや…あの……。
なんていうか……憤慨はしないけどさ……
もうちょっと親身になってくれるのを期待してたよ、僕は。
特に冒頭はこたえましたね。ああやっぱり自分は文章構成力ないんだな、と。
こうやって日々長文を書くことが逆に万人に通用しない文章を書く癖につながるんじゃないか、
と危惧していたことではあるので、今回はそれを改めて自覚する機会になってしまいました。
そういう事を教えてくれたとしたら収穫でしたが。
まぁ的外れというのもあったんでしょうが。

それ以降の質問に対する回答もなんていうか淡白というか、
もう少し具体性が欲しいと言うか。
おいおい地元民……今までの思い出補正を揺るがさないでくれよ。

というか……改めて就職活動については窮地に立った気がする。
3回の読みなおしの末に相手に自分の今の理想が一応伝わっていたんだとすれば、
その理想はUターン就職では叶わないということになる。
上京……は、今までも選択肢としては想像したことはありますが、
でもやっぱり現実味がないと言えば無い……。
公務員関係は今回一歩も前進しなかったから改めて調べる必要があるかな…。
今のところ新潟以外である程度やりたいことが叶う一般企業か、
新潟でそれ以外の職種に該当する一般企業か、
思いきって県外まで視野を広げてみるか、あるいは公務員を目指すか、の4択か……。

でも東京で一人暮らしって滅茶苦茶金かかりそうだよなぁ。
いや……そもそもUターン就職するとして、その後は実家生活になるのか?

なんていうか、一応それなりに日々将来の事について考えているつもりだったのに、
思いのほか路線がずれている方に思考が向いていたようです……。
夏休みは親に相談するなりして方向を固めないと。
いや、それじゃ遅いのかもなぁ……。
なんていうか、就職活動は目の前の障害が大きいというより見えないのが本当に困る。
勉強さえしていればいい今までの競争とはまるでレベルが違うのが良く分かる……。

そして、自分の思考回路がどうも遅すぎるんですよね。
無数の疑問の先に出られないこのわずらわしさはいつになったら抜けられるのか…。

とりあえず今回で、
『お気軽に“なんでも”ご相談ください』
は絶対に信用してはいけない事を改めて認識しました。これだけは疑問が晴れた気がする。

0