#1945

短時間睡眠副作用


今日の出来事 自分


今日はどうやら反動で早めに眠れそうな気がしますが、
昨日は昼寝の影響か、徹夜一歩前というところまで行ってしまいました。

眠たい時に眠れると物凄く気持ちいい半面、
眠たいのに寝むれないのは物凄く苦しい。そして、
“眠りたい”のに眠れないのも同様にかなり苦しいというのは
ここ数年結構体験してきたことです。
正確にはwantとmustの違いとでも言うべきか、
つまり『明日は朝早いから今は寝ないといけないのに、どうしても眠れない…』
という状況の事です。

昨日・今日と夕食のご飯を半合で済ませたのですが、
昨日の夜はまずそのせいで2時頃から物凄い空腹感に襲われて完全に眠れなくなりました。
まぁそれまでも眠れなかったのですが、2時を過ぎると
眠れないというよりは苦しくなってきてしまいました。
で、こういう時のための緊急夜食・ウイダーインゼリーをやむなく消費。
30分ほどPCの前に座って休憩し、3時過ぎに改めて消灯、ベッドへ……
しかし今度は夜食のせいなのかテンションが妙に上がって眠れない。
こういう時に創作系の作業をするとものすごくはかどるのに、もったいない……。
結局新聞配達が来るころに意識が無くなりました。
バイクの音は聞いたから、それが正しいのなら5時就寝ということになります。

朝は都議選のニュースでなんとか6時55分に目を覚まし、
2限からの月曜日ですがいつも通りの時間に出て1限は図書館へ。
図書館に着いたら一気に眠くなってきたものの、
それまでは何故か妙に頭が覚醒していて晴れやかな気持ちでした。
短時間睡眠も度が過ぎるとこういう風にぶっ飛ぶのか、
あるいは自分の無意識が、何らかの原因でやる気が出ている状態なのか。
そういえば連休はなんだかんだでかなりの時間を予定していた作業に費やせたし、
成果が出たのは物凄く久しぶりだった気がするんですよね。
それまでは頑張ろうと言う気持ちに反比例してやる気の出ない毎日だったし。
もしかすると前期ずっと芽が出ていないやる気が
ここへ来てようやく土から出ようとしているのか……?
まぁこんな自己分析的な事は書いてて恥ずかしいのでこの辺にしますが、
ともあれ自堕落から脱出しつつあるのなら、せめて帰省でその状態を維持したいところ。
春帰省で、帰省に対する臨み方は少し学習したので
その辺を生かせればいいんですが……というか生かさないと。

と、こんなことを書いているものの、結局帰宅後は何をするでもなくやる気のない、
いつも通りの平日夕方でした。昼寝をせずに済んだのが唯一の違いで、
最初に書いた通りそのおかげで今日は早めに眠れそうな予感。

ところで今日の朝、動画のエンコードをしていたら
CPUの温度が80℃という瞬間最高記録を達成しました。
排気口の埃はHDD交換時にしているので、まだほとんど詰まっていないはずなのですが……
最近連続何日も起動しているのがマズいのかな?
エンコード済み動画も貯まってきたし、たまにはゆっくり休ませてやるか…。

0

コメントを残す