#1946

アンビエント・エコー


今日の出来事


8日前にも書き、そしてなんだかんだでこの時期は蝉について書くのが毎年恒例のようで。
今日は晴れていたのもあって、こないだの土砂降りで隠れていたのが出てきたのか
大学キャンパス内では今月の中で一番多く蝉の鳴き声を聞きました。
で、どうやら調べてみるとキャンパスにいる蝉はアブラゼミではなくニイニイゼミのようで、
過去の日記を追ってみると、自分はどうも今までずっとニイニイゼミの事を
アブラゼミのことと勘違いしていたようで……。恥ずかしい。
ニイニイゼミというのは「ジー……」と鳴く小さな蝉のことです。

朝型や帰宅前などはカナルイヤホンが耳にささっているので鳴き声を聴くことはないのですが、
昼休みの昼食終了後、3限の講義室に行く前に今月後半とバス代をおろすために
ATMのある1号館へ行ったときに、たまたまカナルイヤホンをつけておらず、
その時に蝉の鳴き声を聴きました。
なんていうか、ニイニイゼミの鳴き声って改めて聴くと凄い。
ジー……というのが下がっていってまた息継ぎのように取り戻す時の緩やかな流れ。
ノイズのようなのに、耳触りでなく、どこか優しい音を持っていてそして懐かしい響き。
やばい。これはいい。テンション上がる、っていうかいい意味で酔う。酔いしれる。
セミって音楽家だったのか……!
と、言うとなんか幼稚のようにも聞こえるかもしれませんが、
どういうわけか毎年恒例の行事のはずなのに今年は聞いてて陶酔感を感じるほど
その音楽のように聞こえる鳴き声に耳を傾けていました。
原因は最近聴くようになっている洋楽のジャンルに近いものを感じたからかも。
もはやニイニイゼミの鳴き声は音楽にしか聞こえない。
そう、これは立派なアンビエント・エコーだ!
というのは今勝手に考えたジャンルですが。
誰かニイニイゼミの鳴き声をサンプリングして使った音楽作ってくれないかなぁ。
まぁ、こういうのは生演奏が一番なのかもしれないですけどね。
ていうかこういう感覚って変なのかな?
実家に帰ったら家族内のニイニイゼミの支持率を調べてみるか。

さて今日は20時就寝3時起床。
途中何度も目を覚ましてしまったものの、なんとか3時まで眠れました。
そして起きてから7時までは一昨日の続き的な作業をしていました。
2カ月後の伏線になるので内容の解説はできないのですが、
とりあえず5周年の日は何やろうかと今はちょうど模索しているところです。
というか、ここ数日本当に信じられないほど作業が捗っている気がする……。
E3 2009~漢検受験までのブランクの反動か、それともそれより前からの反動か……。
どっちにしろ、もう明日が終わってしまうと
今度こそテストまでの連休は課題に奔走しないといけなくなる予定なので
明日の中間休日はせいぜい楽しみたいところです。

ストレス曜日の火曜日は例によって1限の非情講師が暴走していましたが、
セミの話題もあるし今日はアイコンを“嬉しい”にしたいので割愛で。

いつもなら帰宅直後はベッドに倒れ込みたくなるのですが、
今日は何とか耐え凌いでブログ執筆までベッドに行かずに済みました。
このまま眠気を引きずりつつ、明日も夜明け前に起きるために今日はさっさと寝るつもり。
にしても、3時起き、しかも熟睡できなかったわりには
今日はどういうわけか目が覚めっ放しなんですよね。今も死ぬほど眠いわけではないし。
正直言って、テスト前にして昼夜逆転はあまり望ましくはないのですが、
このままいっそのこと短時間睡眠を身につけられないかなぁと思ったりもします。
眠気や睡眠時間って物事を充実させたい時の共通の敵ですよね。

0

コメントを残す