#1964

感心と言う名の絶望


今日の出来事 自分


ついに始まりました。夏休み。

レポート・テストから一応開放された昨夜は、
19~21時&5~8時の6時間睡眠だったというのにも関わらず、
そしてレポートなどの荷物も無いのに、当然のように眠れない……。
眠ったようで寝た記憶が無く、苦し紛れに携帯をいじっていた記憶しかない……。

限界を感じたので、日付変更と同時に起きあがりました。
なんだかこの辺の廃人リズムも慣れてきてしまった気が…。
その後はトップイラスト以外のサイト更新作業を適当に済ませ、
帰省準備も仕上げまでやって、残る行程は高速バスに乗り込むだけという所で、
暇になったことを脳が自覚してしまったのか、4時過ぎ頃に急激に眠気が。
まぁ、出発は7時半だし、1時間くらい仮眠取ってもいいだろう……。
と、そこから先の記憶がない。

8時34分。
僕は、遠い天井の隙間から、汗だくになってベッドの上で気絶している僕を見ていた。
2008年夏実家帰省の初日になるはずだったあの日、およそ1分の差で逃した高速バス。
そしてかすんで見える携帯の「08」というデジタル時計の表示。
ああ……物凄いものを見てしまった。
かつて見たことのない駄目な人間がそこにはいた。

天井が霞んで見える……。
かつてないドジを踏んだ自分に、絶望を通り越して心底から感心していました。
しばらくは汗を書きながら放心状態でした。
しかし、ずっとそうしている訳にも行かないので(そのまま寝たいとは何度も思いましたが)、
起きあがって、こういう時の最後の頼みの綱である電車時刻表を調べてみると、
何やら2時間後に新潟行きの特急が出るらしい。
前回も少なからずあったものの、今回は特に生活リズム崩壊のこともあって
『1日でも多く一人暮らしを続けたくない』という気持ちが強かったので、
まずは特急乗車代7,770円上乗せを自分で負担する前提で親に相談。
許可が下りたので、その数分後にはバス停へと乗り出しました。

やっぱりここまで行くと自虐的になりたくてもならないのか、
電車の中は比較的前向きに考えごとばかりをしていました。
……にしても、今思い返すと夏休み初日にして、
まさにこれが生活リズム崩壊のしっぺ返しだったんだろうなぁ……。
原因は、仮眠を取る前にセットした携帯のアラームが何故かONになっていなかった事。
スヌーズがOFFなので、実はONで自分が気が付かなかった可能性もありますが、
そういえば8時に起きられたのも随分奇跡的だったようにも思います。
二年連続でこんな失敗を犯したというのには、流石に目を伏せたくなりますが、
ともあれ今の自分にはさほどの反省の色も無く、
無事に実感についてこうしてのんびりとブログを書いています。
まぁ、今も眠いからというのもあるのでしょうが。

生活リズム崩壊の影響は実家に着いてからも若干発揮されました。
当然と言えば当然ですが、とにかく睡眠不足が原因で集中力が出てこない。
例年、実家に帰りさえすれば生活リズムは数日で治ってしまうので
今回も多分そうなるんだろうと思っていますが、
これだけの災害を生んだともなると、なんだか信用できないような気がします。

コメントを残す