#1968

繋ぎ止めたい探究心


web制作


夏休み5日目。

今日も2時就寝12時起床……。実家生活といえども一人の時間が全くないのはキツい。
それを脱するためには、弟よりも遅くまで起きているか早く起きるかなのですが、
モンハン3ブームの最中ともあってリビングの消灯時刻は大抵2時過ぎ。
周りが寝静まってから何か作業をしようにもその頃には十分な眠気が頭を占領していて
結局寝てしまう、というのが昨日でした。
やっぱりそれを踏まえると早起きというのが最も効率のいい夏休みの過ごし方なんですが、
これまでパーフェクトで10時以降に起きているここ4日間のリズムを考えると
どうやら容易でもなさそうです。

さて相も変わらずぐだぐだとした日記のみの更新のこのブログ。
5周年めがけて何か作業をしたいところでもあるのですが
上述の通りその時間を確保できていないのが現状。
まぁ、何度も書きますが今週末の花火大会まではそれをしない期間と決めているので、
そういう意味では無駄に焦っているという部分もあります。
でも、それを抜きに考えても、いくらなんでもサイト運営から離れすぎだろ……
と自覚せざるを得ない今日この頃なのですが、
そんな現状と反して、なんと現在まで連続1ヶ月以上平均割れをしていないという
異常事態とも言えるアクセス数の好調状態が続いています。
いわゆる夏休み効果ともいうべきか?いやそれにしては例年と比較にならない流れ……。
先日のデスクトップ改造によって若干自動アクセス的な機能を備えたので
その影響も無いとはいえないですが、
本家ブログは二重カウント防止が生きているようだし、
最大でも24アクセスしか影響しないので、それを差し引いても平均を突破しているこの状態は
明らかに別に原因があるのだと思うのですが、どうにもそれが付きとめられない状況です。

まぁ、原因がどうのこうのと言うより、申し訳ないなぁ、
という不甲斐なさの方を強く噛み締めています。
昨日、リテイク版とは別に約10カ月ぶりにピクミン2の動画をアップロードしたわけですが、
コメントには「この企画まだ死んでなかったのかw」「待ってました!」
といった声がアップロード直後に投稿されていたりして、
嬉しさ半分不甲斐なさ半分の気持ちでした。

なんていうか……これは傲慢な考え方なのかもしれないけれど、
自分のやることを見ていてくれている人もいるもんだなぁ、と思ったり。
2007年後半期からの衰退期は、そういう考え方には至らずに
「こんなことは需要ないだろう」と次々に企画を切って捨てて
かろうじて残ったのは自己満足が苦労を上回るようなものばかりでしたが、
どうやら今年はそれを改めるべき転換点にきているのかもしれません。

ちなみに今日も録画に挑戦したのですが、
昨日とは違ってなかなか自己記録超えができず、結局断念しました。
ピクミン2チャレンジモードは運要素が深くかかわるステージが多いのがどうも……。

余談ですが今日、今更ながら手持ちのWindows VistaをSP2にしました。
体感的に変化は感じられないですが、Windows 7にグレードアップする余裕もないので
大卒まではこれで頑張るつもりです。
あと、昨日の動画エンコードの問題は、どうやらfpsが24だったのが原因のようです。
ゲームの動画って24fpsと30fpsでこんなに見やすさが違うものかと感心しました。
他のゲームプレイ動画での再エンコード検証を一度しただけなので確信はありませんが、
多分次にアップロードするキャプボ録画の動画はまだマシな画質になっているハズ。

繋ぎ止めたい探究心” へのコメントが 2 点あります

  1. すいません。私が「この企画~」のコメントを書いたものです。私自身に悪意は無く、むしろ木っ端ちゃっぴーさんの1ファンであり、動画をいつも拝見させて頂いております。しかし、私のコメントによって少しでも傷ついたなら謝ります。すいませんでした。もっとも、私の思い過ごしならそれに越したことはありませんが。これからも応援しています。これからも
    木っ端ちゃっぴーさんの動画投稿心待ちにしています!

  2. 誤解を招いてしまったようで申し訳ありません。
    自分としては、あなたのコメントを引用したのは
    “これだけ連載が中断しても見てくれている人がいる”
    という意味合いを込めての掲載であって、決してこのコメントによって傷ついたというわけではありませんし、不快に思ったわけでもなく、
    むしろ最初から応援してくれている意味のコメントとして解釈していました。

    むしろ謝るべきは事の発端である、動画投稿をサボりっぱなしの自分の方だと思っています。本当にすみません。
    現実的な諸事情、意欲的な問題から、
    以前のように動画を投稿するのは難しい状況ですが、
    応援してくれている人がいるという事を再認識しつつ、なんとか暇を見つけて投稿したいと思います。
    不甲斐ないうp主ですが、よかったら今後とも応援よろしくお願いします。
    そしてわざわざブログまでコメントしていただき、ありがとうございました。

コメントを残す