#2054

初補講


web制作 今日の出来事


昨日は無事、というか余裕で187アクセスを超えて
2年と5ヶ月と2日ぶりにアクセス数総平均値を更新しました(160.50→160.54)。
最近の傾向から見るに、ここから先は常に更新し続けそうな予感。
平均を更新したら次は1日アクセス数最高記録の更新を……と言いたいところですが、
最高記録は1,094と、かなり再興してきた今ですらまるで考えられない数字なので
しばらくその実現は無理っぽそうです。
ちなみにその最高記録はほとんどがDSソフト「おいでよどうぶつの森」
の話題が原因と言っていいと思います。事実そのタイトルの翌日でしたし。
今でも、最新ゲームタイトルを追いかければ目がないわけでもないのかな……。

それはさておき、今日は22時就寝6時半起床でした。どう考えても寝過ぎ。
見事に昨日の奇跡を引きずることなく、ほぼ普通どおりに起きてしまいました。
なんていうか、夢から現実に引き戻されるのが辛いというのは正直あります。
何やら今日も高校時代を舞台に自分含めた何人かが命を狙われたりなんやらと
実に非現実的でしたが、夢だというのに見ていて面白いと思うから困る。
というか、なんか自分が命の危険にさらされる夢が多い気がするんだよな……。

木曜日と言えば月曜日と並んで最悪の曜日ですが、
第二外国語も、始まってみれば高校1年の時の英語の変態教師や
今年前期の情報処理演習の幼稚講師と比べればかなりマシな部類かも。
その厭味臭さ絶好調な口調には腹が立ったりもしますが、
腹が立ったら即座に「この人は人間性がない愚かな人だ」と心の中で思いながら
“w”を脳内の右から左へ大量に流す事でやり過ごしています。懐かしいなこれ。
そんな事を考える自分こそが嫌な人間なのかもしれないね、と言う話はさておき、
まぁ結果的に見れば前期の厭味授業を耐え抜いたことでそれに関する耐性が付いたのかも?
と勝手に思っています。まぁ、この講義の真の敵は最後の試験に向けて
前期分も理解しないといけない、ということなんですが……。

1限さえ終われば、その後の生ぬるさは実は火曜日以上だったりします。
4限に限り最後の試験があるという最低限の危機感はありますが、
火曜日と違っていいのは普通の座学であるということ。
ですが、それでも今日は大分疲れました。
というのは、まず2限の時間は丸々空いていて、適当に過ごすのですが、
3限の講師はこないだの台風18号の影響で休校になったのを受けて今日補講をするといい、
それが今日の5限ということになり、1日で同じ授業を2回受けることに。
メモとか計画で過ごせる授業とはいえ、
2限からそれがぶっ続けで計7時間近くともなると流石に疲れるというもの。
ルーズリーフを1日で5枚消費するという、かなり珍しい1日になりました。

あと、大学初のこの補講によって初めて“5限”というものを体験したわけですが、
帰りのバスに乗り込む頃には完全に日没してるっていうね。
いつの間に2009年は冬になってしまったんだと驚愕するばかりです。
とはいっても、大学では1コマ90分なので、5限といっても高校のように
昼休み後すぐというわけではなく、終わるころには18時になっているんですけどね。
おかげさまで短いように感じる1日でした。
明日は文化祭準備とやらで午後がまるごと休講だそうで、
1限しかない自分はこれは別の意味でまた短く感じる1日になりそうな予感。
というか最近本当に不可抗力的な休講が多すぎで、
それは単純にラッキーなのかそれともチャンスを逃してしまっているのか……。

コメントを残す