#2088

研究室決めギャンブル


今日の出来事


どちらかというと体調の悪い一日でした。
19時半就寝4時半起床。せいぜい2時かな……と思って時計を見たら意外な時間でした。
しかし4時半に起きても、どうも作業が手につかない……。
1コマしかない大学へ行って帰って来た後も、
捗ったのは最近再発気味の遊戯王カード関連だけでした。

ちなみに今日は大学関係の事がメインになるので先に余談を書いておくと、
遊戯王の方は、「これで完璧」を目指して取捨選択しているうちに
いつの間にかびっくりするほど頭でっかちなデッキになっていました。
この様子だと、仮に早々に最終補足をしたとしても
その後はなんだかんだで使えるカードとそうじゃないカードが出てくるんだろうなぁ。
購入前のカード群は今のところ経費をオーバーすることなく調整が進んでいるものの、
政府のように膨大な財源を確保するのは無理そうです。
95兆円のうち3兆円前後が目標らしいから、こっちも95分の3削るか……
と思ったらたかだか約380円か。……とりあえず、目標は1,000円だな……。

で、メインの学校関係なんですが、
なにやら月末だと思っていた例の卒論ゼミの届け出の締切が明々後日ということが発覚。
先月末に、「来月下旬なら、今は考えなくてもいいな……」とか思って
締切すらおぼろげなまま、ゼミ発表準備を優先してしまったために
いつの間にか追い込まれていましたとさ。
10日まではゼミ発表で忙しかったという言い訳が通るとしても、
そこから7日間の自分は一体何をやっていたんだか全く。

とはいえ、締切は過ぎていないので最悪な事態と言うわけでもなく
要するにゼミを決めて教授の方へ出向いて用紙にハンコを貰ってくればいい話なのですが、
どうにも、いい感じにメリットとデメリットが釣り合ってくれたおかげで
どのゼミにすればいいのかが皆目分からない。
あまり教授やゼミの事を書くのは特定に繋がるので詳細は書きたくないのですが、
そんな事を言っていると不透明過ぎて今後も何が何やらだと思うので書きます。
どうでもいい余談ですが、これから自分がやる事を「これホントはマズいんだけど~」
と前置きする人って例外なくウザいと思うのは自分だけでしょうかね。
どうでもいいんですけど。
それでゼミなんですが、今迷っているのは3人の教授のゼミで、
ぶっちゃけ研究対象というより、それを取り巻く環境が見事に対極関係にあって、
そのために迷っています。簡単に箇条書きにすると、

1.火曜ゼミ
 ・研究対象:近代文学
 ・担当教授:基本的にやる気のある人のみ見るタイプで温厚。悪く言えば放任主義
 ・受講生徒:受講生約30人のうち4人は一般的に見て邪魔者的存在。男女比8:2くらい

2.金曜ゼミ
 ・研究対象:近代児童文学
 ・担当教授:一見すると褒めて伸ばすタイプで温厚。ただしゼミはかなり形式的
 ・受講生徒:火曜と比べると驚くほど真面目人ばかり。男女比4:6くらい

3.未受講ゼミ
 ・研究対象:近現代文学
 ・担当教授:不明。別の科目で1年の時に見た時は、火曜ゼミの教授に近い感じ
 ・受講生徒:これはもう完全に知る由無し

という感じです。
で、個人的な意見や事情からすると、火曜ゼミは研究対象はいいけど受講生が気になり、
金曜ゼミは研究対象が(他と比べると)興味が薄い代わりに受講生と教授はかなり良く、
未受講のゼミは一番とっつきやすそうな研究対象で、
2年前の記憶によると教授もハズレと言うわけでもない代わり、
受講生が全くの不明でそういう意味での不安が拭えない、と言う感じで
まさに三竦みの関係が確立してしまっているというわけです。

未受講ゼミ(ちなみに未受講というのは
プレゼミに当たる現在の3年のゼミを取っていないという意味)の受講生は、
担当教授の人物像が記憶と合っていれば、火曜ゼミのように
「この先生なら楽だろwww」というクズがくっついている可能性が高い気がする。
そういう意味では火曜と未受講は同じようなもので、
問題はその不要な人達が学科にあとどれくらい存在するのかなのですが、
単位が落ちない必修の科目もあった2年前を思い返す限りだと、
あの4人でほとんどのような気もするんですよね……。
そして恐らくその4人も、教授全員の中でも近現代を担当する
この2人に集中する可能性は高いだろうし、仲良しこよしのようですから
みんなで同じのを選ぶと言う可能性も結構高いはず。
こうなると、この2つのゼミはこの段階では完全に2分の1の賭けになる……。

一方の金曜ゼミはそういう人たちは一人いたかな?程度で、
ゼミの内容としてもそういう人たちは選びにくいはずなので
それを利用して敢えてこれを選んで環境の無難さを確実に取るというのも一つの選択肢。
ただ、研究対象に関して率直に言えば、興味が全くないわけではないのですが、
なんていうか将来、堂々と周りに「大学時代はこれ研究しました」
というのは自分のキャラじゃないような気がする……。
この期に及んでそんな事を気にするなんて、ともすれば笑い話かもしれませんが、
一年間、それについて調べて二万字の文章を書けというのだから
些細な事も無視できないわけで……。

今のところ、「一年間の環境と卒論への興味とどっちが大事なんだ」という観点で
未受講ゼミが第一候補なのですが、一番痛いのはこれのプレゼミを取っていないと言う事。
シラバスには、なるべくプレゼミの受講前提で卒論ゼミを受けろと書いている教授もいて、
この教授はそういう事は書いてないものの、それが望ましいのは確かだし
ゼミの形式を知らないまま突っ込むのも無謀のような気もするんですよね……。
卒論ゼミはプレゼミと比べて担当教授がかなり増えるのもあって
ゼミ生は5人~8人程度になると聞いているので、
流石にそこまで少人数になってもなお私語に沸くような輩はいない気がするし、
そういう意味では環境の事は考えないでもいいのかなぁ、とも思っていますが、
しかしそれが別の意味では一番重要な気がしなくもない……。
一番大事なのは教授の人柄だ、と考えれば金曜ゼミも他を無視して考える余地はある……
けど、それだと自主性がまるでないような気がするというかなんというか……。
とりあえず行動するべきなんだよな。何故今日の午後自分は延々とカード整理してたんだろ。
まぁ、眠い時にメール打って意味不明の文章になったらそれはそれで困るのですが。
ブログじゃあるまいし。
とりあえず、貴重な休みである明日、少なくとも行動する必要がありそうです。
3人の教授に素朴な疑問をぶつけてみるか……。

それにしても何で締切を月末と決めつけてカレンダーに書きこんでしまっていたんだろう。
おかげさまでこの有様……。スケジュール管理は結構しているつもりだったのになぁ。

0

コメントを残す