#2109

後付け達成感


今日の4時に昨日の分のブログを書いている頃は、今日が終わるのが待ち遠しくて仕方なくて
どうしようもなく体調が悪かったわけですが、
その頃の自分にとっての憧れの時間帯にいる今現在は、
特別な感情もなく、ただひたすら眠いだけです。ただ、
なんていうか昨日まで抱え込んでいた体調不良が一気に消え去った気がするような……。

今日は、今月、いや今期前半の最大の山場とも言える月曜ゼミ発表の日だったわけですが、
昨日のブログに書いた通り、体調最悪で他の講義のレポート処理もまだで
しかも23時半起床と言う、ここ最近の中でも最悪級の状況下で当日を迎えました。
とりあえず4時のブログ投稿後、1時間の休憩ののち1時間かけて別講義のレポートを処理。
その後、金曜日にふらふら状態で暫定完成にこぎつけたレジュメを読み直し、
発表時間である20分を潰せるように発表原稿を作る作業が1時間。
プリンターで6部刷るのにさらに1時間。
本当はここで全部刷ってしまいたかったのですが、
カラー設定だからか印刷に1枚1分近くかかるというスロー具合なおかげで
このままだとバスが来るまでに6部しか刷れない。
このタイミングでようやく教授から金曜日に出したメールの返信が来て、
そこにレジュメは18部あればいいと書いてあったので、
印刷を5部で打ち止めにして大学へ行き、残る分を600円消費して大学のプリンターで印刷。
この時点で演習授業の開始まであと5分。猛スピードでホチキスを止めれば間に合う……
と思いきや、こんな時に限ってそのホチキスが壊れかけているという。
しかしそんなことも言っていられないので、無理矢理とめて
なんとか演習の授業には間に合いました。

で、発表……。
正直、このクオリティだとフルボッコも仕方がないかなと思っていたのですが、
思ったより全然叩かれませんでした。声が小さいとは言われましたが。
むしろ、内容的には良かったと言われて、このときほんのり達成感を感じて、
講義終了後の廊下でまた教授に話しかけられて、今日の発表よかったよ、なんて言われて、
このとき初めて、いままで期待していなかった達成感のようなものが吹き出してきました。
いやなんていうか、今までの自分はこの教授を過小評価しすぎていたのかも。
そりゃもちろん、できない人には酷評するタイプで
自分のあとに今日発表した人も散々言われたあげくレジュメ再提出をくらっていましたが、
逆にそれなりにやっていれば褒める人でもあるんだなと。
むしろ、わずか2日の作業で認められるほどの評価がもらえるのなら、
今まで絶望していたのはなんだったのかとも思ってしまうほどで。
いや、低クオリティなのには変わりないんですが。

余談ですが、この教授にはメール送信時の凡ミスでハンドルネームを晒してしまいました。
日曜日まで返信がこなかったのは迷惑メールと間違っていたからだそうで、
講義終了後に話しかけてきたのはその話題のためもあったらしいのですが、
……まぁ、まさかHNからこのブログに辿り着くようなことはないだろう。多分。
とにかく今は趣味以外の今年の課題が全部消化した事を嬉しく思っていればいいよね。
その一文に感嘆符が付くほど嬉しく思うのは帰省寸前になってからでしょうが、
とにかくあとは年末準備的な、自分で作った作業を乗り切るのみ。
時間にしてちょうど2週間、できればもう時間に追われるようなことがないように
焦らずサボらず過ごしたいところです。
それにしてもなんだか明日が休日かのようなこの清々しさ……これが開放感というやつか。
そんなに頑張ってはいないとはいえ、なんだかんだでこの感覚を味わえてよかったな……。

ちなみに今日またもやamazonから発送が遅れるとのメールが来ました。
どうやらNewマリオWii、相当の人気のようで。別に早くこいとは思っていないけど、
まさか帰省に間に合わないなんてことはないだろうな……。