#2150

病人の如く猶予期間


備忘録 自分


自分でも信じられないくらいの自堕落っぷりを発揮した一日でした。
こんなに寝たのは徹夜の副作用にしてもかなり珍しい気が……。
そして、それだけ寝てもなお何もする気が起きないという。

20時半に寝た昨日から最初に起きたのは1時半。
もっと寝ていたかったのですが、妙に目が冴えてしまい
まぁ5時間睡眠にはなってるし……と夜食で一日を始めたのですが、
この時点から今日はどうも身体の根本的なところから力が入らない状態で、
結局何もしないまま終わった3時間を挟んでまさかの二度寝。
次に起きたのは8時。改めて一日が始まる……かと思いきや、
全く同じパターンで朝食後、やる気が起きないならいっそのこと寝ようという気になり
9時から12時まで昼寝。1時間後に昼食を食べ、
ここでもやっぱりやる気が起きず……しかし流石にここでは眠れず、
寝っ転がりながら延々と、音楽やネットラジオ聴きながらゲームやネットサーフィンという
ある意味iPod touch大活躍の一日でした。
……いや、こんな廃人生活を見込んで買ったつもりはないんですけどね……。

久々に立ち上がったのは18時、早くも夕食の準備に取り掛かろうとしたのですが、
そのタイミングでインターホンが。相手は新聞の集金係でした。
今回で新聞の集金も最後なのですが、
実は手元には何故か4か月分も溜まってしまった古新聞が……。
ドアの脇にでも置いておけば回収してくれるのかと思いきやこの3週間回収してくれず、
このまま契約が切れたら自分で処理しないといけないのかと不安だったので
この時に場違い覚悟で集金係の人に聞こうと前から思っていたのですが、
その話は相手から出てきて、
「(アパートの)下に置いてくれれば明日の朝刊配達の時に回収しますよ」
とのこと。なるほど、それは助かった……とはいえ、これを全部運ばないとなのか……。
しかも明日の朝刊配達ということは階下に運ぶタイミングは今しかないっていう。
仕方が無いので、夕食準備を終わらせた後、階段を4往復して古新聞を全部運ぶことに。
いつぞやの庶務係の受難が懐かしい作業でした。
あの時のトラウマもあるので今回は極力無茶をせず、
というか実際重労働というほどでもないのですが、
とにかく今日やったことといえば、本当にこれだけです。
なんか去年5月が懐かしい廃人っぷりだな……。
単なる徹夜の副作用ならともかく、このタイミングで風邪とかだったら笑えないな……。
なんか頭がダルいんですよね。といっても頭痛というほどでもなく、
慢性的に眠気があるような感覚なのですが……。
まぁつまり眠いということなんでしょうが。
でも、今までのパターンからいくと、これだけの状況があっても
これからすんなり眠れるという保証はどこにもないんですよね……。
仮にも11時間半睡眠をしてしまったわけですし。

そんなわけで睡眠がうまい人が本当に羨ましい今日この頃です。

0

コメントを残す