#2177

昼夜逆転改善への道


今日の出来事 自分


大体、昼夜逆転した時は午前中と午後のテンションの違いが激しい事が多いです。
そして基本的にそういう時、落ちているのは午後。
もはや徹夜の午後というのは時間を贅沢に浪費するためのものというのが当たり前……
だった時代を超えてさらに落ちているのが今日この頃で、
眠気に絶えられずに寝てしまう→夕食時間帯に空腹で起きる→
夕方時間帯なら3時頃に無理矢理眠れるだろうと思う→しかし眠れない
→いつの間にか夜が明けている→いつの間にか眠たくなってくる→以下繰り返し
というパターンを一体今月で何度過ごしたことか……。

インターバルも終わり、就活について自分の考えをまとめるための5日間の初日だった今日も
やっぱりというか昨日の9時間昼寝が効いたみたいで調子はよくなく、
4時まで当然のように眠れなかったのでそのタイミングで夜食を食べたら
さらに眠れなくなっていつの間にか9時、という流れで夜明け前後を過ごしました。
“昼寝の延長”パターンは、夜が完全に開けるともう眠気がほんのりさしてきて
まず作業やらなんやらといった事はする気になれなくなるのが当たり前の今日この頃。
特に今日はこの時間帯が酷くて、ベッドに潜って、
眠れるでもなく冴えているでもない頭で「こんなんじゃ就活無理だな……」
という切り口から、超ネガティブ思考に陥っていました。
そんな事が2時間以上も続いていたのですが、12時を過ぎるといい加減飽きてきて、
しかし眠れないのでうつろに昼夜逆転について軽く調べてみることに。
すると「鬱病」とか「睡眠障害」とか「ひきこもり」といったキーワードがちらほら……。
あー、ついに自分も精神病患者の領域ですか。さっぱりそのつもりはないんですけど。
あと、対策法については一番よく見かけたのは、自分もたまに実践している
「とにかく無理矢理にでも夜まで起きて、夜になったらすぐ寝る」というもの。
これやると今度は極端に少ない睡眠時間なのに3時前後に起きて目が冴えて眠れない、
という状況も結構あるような気がするんですけどね……。
ちなみに、人間の身体というのは通常25時間周期で動いているらしい。
それだと一日24時間に合わないので、それをリセットさせる作用を起こすのが朝の日差し。
そしてそれを感受する機能が壊れていると昼夜逆転に陥るんだとか。
そういえば4年前の高校時代の生物の先生が同じ事を言ってたなぁ……。

まぁそれはさておき、他によさそうな対策法も見つからないし、このままいったところで
残り4日間もまるで何もしないまま消化するのが目に見えているので、
今日は起きてみるしかないかなということに。
といってもPCの前に座っていたのでは前の五連休と同じパターンになってしまうので、
こういう時の最終手段として、徒歩でアパートから遠い方の書店を目指して
散歩をすることにしました。

で、8,771歩も歩いた一日となったわけですが、
今こうして19時台にブログを書けている通り、一応昼過ぎからは寝ずに済みました。
散歩は2時間半で終わったものの、書店で初めて漫画を大量購入して、
それを読む事で後の時間を乗り切ることができました。
激眠いので漫画についてはまた後日。
さて、これが明日からの改善に繋がるのかどうか……。
それにしても就活は本当に今更になって何からやればいいのか分からなくて悶絶中です。
これもネガティブ精神のせいなら明日からは少しでも改善するだろうけど、果たして……。

コメントを残す