#2260

手のひらをノートに変える


今日の出来事 備忘録


ゴールデンウィーク最終日。

8日間のゴールデンウィークを振り返った時に、
その前後で最も顕著な違いがあるのは“気温”だと思います。
……最終日の今日は1時半就寝5時半起床、実家からアパートへの移動日だったのですが、
行き先のアパートの方で15時台に気温31℃という
夏真っ盛りに直面したおかげで、文字通りダレていました。
おかげさまで今年の扇風機デビューの一日になりました。
実家帰省最終日、朝の電車かバスに乗って帰るパターンの場合は
アパートに着いてからの午後はとことんだらけて過ごすのが恒例ですが、
今回はまさに有無をいわさずそれを実行せざるをえませんでした。
本当は、今回だけはそういうつもりはなかったんですけどね……。
もとより長期休暇だったわけでもないし、一日を捨てていいほど疲れてないだろと。
実際にはこの気温差はアパート生活中でも普通にダレてしまいそうなんですけどね……。
確か、先週の作業中は夜中なんかは最弱とはいえ炬燵すらつけていたはずなのに。
明日はまた気温が今日の半分近くまで下がるという予報もありますが、
ゴールデンウィーク全体を考えてみても、
この連休がまさに春と夏の間だったという感じはします。
なんだかんだで実家帰省中も暑さのために寝付けなかったりしたし……。

そんなゴールデンウィークの最終日でしたが、
アパート帰宅後は暑くて参っていて、実家の方では寝付けなかったりして、
一日の中で一番過ごしやすかったのは特急電車の中でした。
行きの時はiPod touchアプリと世界樹の迷宮IIIがメインでしたが、
帰りの時はそれらに対する意欲が湧いてこず、
気が付けば2時間半以上もの間、携帯のメモ帳をぽちぽちいじっていました。

最近こういう系の話ばかり書いている気がするけど……まぁいいか。
最近の自分の情報アウトプット(週間計画やら企画やらその他)の手段は、
実質歴13年近くで、特に2009年の一年間にメインの立ち位置にあったアナログノート、
次に大昔から雑多にため込んでいる、主に情報のまとめ的立ち位置にある
PCのメモフォルダ(txtファイル)、
今年の1月から始めて、
ローカルの情報まとめを集約するつもりが妙に使いこなせていないEvernote、
今年の2月から始めている、ふと思いついたアイデアを集約するためのGmail、
さらに今月から始めるつもりの携帯ローカルWiki、
そして携帯デビューの2007年03月から使っているこの携帯メモ帳と、
ローカル環境だけで見ると頭の中のものを出す手段が6つあることになります。
自分でもあまり明確な基準を使ってこれらを使っているわけではないんですが、
この中でも携帯メモ帳は基本的には
趣味以外の情報をまとめるものとして今まで使ってきました。
大学の時間割とか、経理関係のメモとか。
上に書いた他の5つの手段もその気になれば携帯で全部の情報は見れるものの、
携帯メモ帳はそれらと比べて情報確認までの速度と編集の手軽さがダントツなんですよね。

特急電車内では、そんなメモ帳を使って、
いつもはルーズリーフにまとめているような事をのんびりと打っていました。
タイピング環境は残念ながらアナログやPCと比べるとまるで劣っているわけですが、
やってみたら意外にも、いつもノートを開いたときのような感覚になれました。
別に具体的な中身の話をするわけじゃなくて、
要するにその感覚で珍しく2時間半もの間携帯をいじっていたというだけの話なんですが。
今回を機に、携帯メモ帳の用途をもうちょっと広げてもいいかなと思ったりするものの、
実際には今日のような長時間移動中ぐらいしか活躍の場はなさそう……。
まぁ、その長時間移動中に物を書く環境を再発見できただけでもよしとするか。

夜になった今現在も部屋内がムシムシしていて気力を削がれているので
帰省の日のエントリーは明日書きます……。
できることなら今すぐコンビニに行ってアイスを買ってきたい気分。
実は冷蔵庫の中の飲み物が全滅していたりして、喉も乾いています。
日中は本当にダレていて買い出しに行く気力が湧かなかったんですよね。
……自販機なら徒歩1分のところにあるし、ちょっと行ってこようかな……。

0

コメントを残す