#2302

E3 2010任天堂カンファまとめ -前編-


ゲームのプレイ日記 その他


今年03月、『ニンテンドー3DS』の電撃発表によって
例年と比べてかなり大きな期待がかけられていたE3 2010・任天堂プレスカンファ。
それはまさに2004年以来の時代の節目となる発表になりました。
3DSの発表も去ることながらソフトのラインナップも
ここ数年ではありえなかった超豪華タイトルで、
個人的に今回は前回を大幅に上回って充実感の溢れたE3でした。
実は3時の終了時点以降も興奮が冷めず、今この記事は9時に書いています。
1時間後は例年ピクミン3への言及があるラウンドテーブルがあるはずなので
そこまで起きて、それもまとめたら寝ようかなと……と、
こんな余談を引き伸ばしていると文字数がオーバーしてしまいそうなのでさっさと本題へ。
と、その前に一応リンク紹介だけ。
 ・去年のE3のまとめは、#1903「E3 2009任天堂発表まとめ」を参照。
 ・今年のE3の実況更新ログはこちら。
 ・公式特設ページはこちらです。

*  *  *

■Wii/NDSソフト

・THE LEGEND OF ZELDA :Skyward Sword (Wii / 2011年発売)
 ゼルダの伝説シリーズの最新作で、『トワイライトプリンセス』の続編に当たる位置付け。
  2009のラウンドテーブルで宮本さんが「今作っている」と言っていた正体です。
 Wiiリモコンを振ることで剣を振ったりといった動作を
 『トワイライトプリンセス』から受け継ぎつつ、
 弓矢、ムチ、カブトムシといったアイテムもより直感的に操作できるようになりました。
 プレスカンファでは宮本さんが実演していて、
 Wiiリモコンのトラブルがあったとかでちょっとぐだぐだでしたが、かなり楽しそうでした。

・MARIO SPORTS MIX (Wii / 2011年発売)
 マリオファミリーが、バレーボール、アイスホッケー、バスケといったスポーツに挑む
 最大4人までの多人数用ゲーム。
 歴代のスポーツマリオシリーズのいいとこ取りといえば早いでしょうか。
 当然ながらただのスポーツ対戦ではなく、さまざまなアイテムや特殊能力があります。
 スクウェア・エニックスとの共同開発。

・Wii Party (Wii / 2010年ホリデーシーズン発売)
 「マリオカート、NewマリオWiiといったミリオンタイトルに継ぐ今度の牽引役」
 として発表されたタイトル。
 マリオパーティシリーズを受け継いでいるのか、
 ボードゲームをメインにして70種類以上のミニゲームで遊ぶパーティゲームのようです。
 キャラクターはすべてMiiを使用。
 Wiiリモコンを使ったミニゲームがいくつか紹介されていました。

・Golden Sun :Dark Dawn (NDS / 2010年ホリデーシーズン発売)
 去年のE3でも『黄金の太陽DS』として発表された、黄金の太陽シリーズの最新作。
 去年よりも長めのトレイラーが紹介されていました。
 タッチペンを使う仕掛けや2画面まるごと使った演出など、
 DSならではの仕様に進化しているようです。

 ちなみにゴールデン繋がりで、
 サードパーティですが『ゴールデンアイ007』のWii版も発表されていました。
 また、サードパーティ続きで、この後『DISNEY EPIC MICKEY』というタイトルも発表。
 世界的に有名なミッキーなのに何故かゲームの世界ではそんなに有名ではないと、
 今回は本腰入れてミッキーゲームを作りましたとゲストのメーカーさんが語ってました。

・Kirby’s Epic Yarn (Wii / 2010年秋発売)
 ある意味3DSよりも驚かされたタイトルその1。まさかのWii版カービィがここで登場。
 なんと今回のカービィは“毛糸”でできていて、
 毛糸を使って敵を投げ縄のように捉えたり、仕掛けを作動させたりと
 予想の遙か斜め上を行く“吸い込んで飲み込まないカービィ”。
 トレイラーではU.F.O.、ボール、その他巨大ロボなどいくつかの変身は見られますが、
 具体的なコピー名の表示がなかったり、
 2Dマリオのコインのような概念と思しき数字があったりととにかく正体不明のタイトルです。
 ヘルパーも登場しており、現在出ている情報の限りだと操作できるヘルパーは2人まで。
 上述の巨大ロボは2人で手分けして操作するような感じでした。
 かつて噂されていた『3人ヘルパーを操作できるカービィWii』とは全く別物のようです。

・METROID Other M (Wii / 国内:09月02日発売)
 去年のE3の締めとして発表されたビッグタイトル。
 豪華なトレイラー映像が流れていました。国内ではすでにプレサイトが開設されています。

・DONKEY KONG COUNTRY RETURNS (Wii / 2010年ホリデーシーズン発売)
 3DSよりも驚かされたタイトルその2。
 なんと!あのスーパードンキーコングシリーズが14年の時を経て復活!
 個人的に、実家帰省の度に「2Dドンキーの新作がくればいいのに……」とぼやいていたので
 この発表は本当に驚かされました。こんなのいつ以来だろう?
 基本的にゲームシステムなどは完全に2Dドンキーを踏襲して
 グラフィックを今風にしたといった感じの雰囲気です。演出がなかなか凝っています。
 唯一気になったのは、ディディーがドンキーに乗って転がったりしていた点。
 ドンキーとディディーでかなり顕著な差があるのかもしれません。

3DSの前に次々に発表されたWii・NDS向けタイトル。
去年はマリオシリーズの紹介をオープニングに
『NewスーパーマリオブラザーズWii』の紹介に時間を割いていましたが、
今回はそれをゼルダシリーズにシフトした構成でした。
すでに国内に情報が出回っているタイトルや去年のE3で発表されたものもありますが、
その中でも個人的にカービィとドンキーの登場には本当に驚かされました。特にドンキー。
てっきり3DSがすべてになると思っていた今回のE3ですが、
これらのラインナップから、まだまだ現役機種でやっていこうという姿勢が伺えます。
もっとも、据置機は次世代機がまだ登場していないので
Wiiに従来通りの比重がかかるのは当然なのですが。
そういえば、DSソフトよりも今回はかなりWiiソフトが多かったんですよね。
こうして考えると3DSとの兼ね合いも考えられているという事になるのでしょうか。

と、ここでやっぱりというか文字数オーバーしてしまったので
ここで一旦切って3DS関連の話は後編で。

0

コメントを残す