#2336

貯金したい行動力


今日の出来事


海の日連休その三日目。

高校時代以前は、海の日は数ある祝日の中で元日、ゴールデンウィークに次いで
5番目にイメージのいい祝日として記憶に残っています。
元日やゴールデンウィークは大型連休の最中なのでいいイメージなのは当たり前なのですが、
ではなぜ海の日がいい風に映るかというと、やっぱりこれも長期休暇絡みで
単に夏休み突入が近いからなんですよね。
曜日の関係で海の日が夏休みのスタートラインになる年も何度かあったし、
1ヶ月以上の休みの初っ端ほどイメージのいい日は他にあるはずがないわけで。
そういう意味でもプラスイメージの強い祝日です。
実際に海の日に海水浴をした事は皆無なのですが。

そんな海の日も、半ニート生活真っ最中の大学四年現在にしてみれば存在も薄いものでしかなく
まったく恩恵も感じられずにいます。
これはいつも言っている実感がどうのこうのという話とは別の意味で。
今年は、去年以前のバイト云々に比べて遥かに大きい後ろめたさがあるので
実家帰省が近付いた事による期待感も何者かに押しつぶされている状況で、
もうなんていうかどうしようもない日々です。

プレ夏休み3日目でもある今日も相変わらずで、01時就寝10時起床。
午前中は、今月の追加投入分のゲームサントラの整理を軽くやって、
午後は夏バテと思しき体調不良が悪化して何もやる気になれず、
大半を動画観るだけで過ごすという廃人生活でした。

なんだか大学生活突入以来、毎年07月後半のこの時期は夏バテやら生活リズム崩壊やらで
帰省までずっと体調が悪い日が続いているような気がするので
今年も例外に漏れずそのパターンといったところなのですが、
今年はそれに加えてやるべき事とできる事とやる気の少なさに挟まれ、
精神状態の面では去年よりも酷いような気がします。
一方、iPod touchによって暇つぶし手段も豊富になっているので
もうとにかく時間の浪費の仕方が極端になっています。
16時を過ぎると暇つぶしの集中力すら切れて
「早く夜にならないかなぁ」と思って過ごしています。
そんな終わっている日々が少なくともまだ14日続くと思うと……。

仮に、本当に何もやらなくていいという事になったら気楽なんでしょうけどね。
いや、いっその事そういう気持ちで明日以降過ごしてみるのもアリかもなぁ。
どうせ多分帰省までは文字通り何もやらずに過ごしていくんだろうし。

ところで今日は海の日だったわけですが、二千円札発行10周年の日でもあるそうで。
実は10年前当時、母方の祖母から二千円札を貰った事があって、
今もそれを使わずに取っておいてあります。
ふと、その二千円札どこにしまったっけ?と気になったので
朝のコーヒーの時間の前にダンボール箱の中を漁っていたら、
結局その中にはなく、ふとWiiソフトのパッケージをチェックしたら
1本目に手にとった『はじめてのWii』のパッケージの説明書の裏側に挟んでありました。

かつては一緒に2004年発行の新貨幣も一枚ずつへそくり貯金として隠しておいたのですが、
新紙幣を手に入れてわずか2ヶ月後に、DSを買うために使ってしまった記憶があります。
そもそも、自分しか使う可能性のないへそくりなどというものは
自分が使えないようにする仕組みがないと意味がないわけで。
へそくりというよりは貯金箱か……。

どちらかというと自分は貯金ができないタイプです。
名目上の“お小遣い”を貰ったことがないのに強欲だった事が災いして、
かつてはお年玉の前借りをしたり、飲み物代を実質的にお小遣いのように取り扱ったりと
いろいろと黒歴史に残る事をやってきて、
それは奨学金生活をしている現在にも糸を引いています。
そうやってお金不足の場面に直面すると、子供のうちからお金の使い方、自制を学ぶために
お小遣いというのは必要なものなんじゃないかなぁと思ったりします。
別にこの浪費癖は親のせいといいたい訳ではなく。

ともあれ、宵越しの銭どころかお年玉は冬休みのうちにほぼ全焼していた自分ですが、
この二千円札だけは10年間使わずにここまで来れました。
多分これからも使うことはないんじゃないかなと思います。
ただ単に祖母に貰ったからというより、
二千円札は貴重だという固定観念があるのでなおさら使いにくいんですよね。
ということは、自分の場合、貯めたい紙幣は二千円札に両替すれば使わなくなるのかも?

0

コメントを残す