#2529

五代目機種変戦争前哨戦


デジモノ


さて、五代目携帯購入検討がてら、
候補の機能比較とやらをブログで考えてみようと思います。

年明け直後から妙に興味が湧きつつあるタブレットPCの分野。
それ自体は、現時点では筆圧感知する機種が皆無で今年06月発売とあり、
またタブレット向けOSであるAndroid3.0の登場がまだ早すぎるという事で
今すぐは買わなくていいかなと思っているところです。
ただ、本来タブレットPCを買いたいと思ったのは筆圧感知が欲しいからではなく、
後日話題にすると思いますが、今日改めてペンタブを使ってみた感じだと
液晶に直にスタイラスペンを使えるからといっても
今使っているGIMP+ペンタブという環境の代替には
ならないんじゃないかなとも考え始めています。
ただ、じゃあ筆圧感知要らないのかと言われると困るわけで、
この辺はかなり悩ましいところ……って、いきなり話が逸れすぎですね。

そんなタブレットPCを調べている内に
Androidという興味を通じて飛び火したのがこの携帯機種変の話。
ちょっと前までは、
「現行機の端末代を支払い終わったら相当安く携帯を維持できる!」
とか喜んでいたのですが、
同時にそれは従来と同額で新機種を買う機会でもあるわけで、
機能面でよく考えてみると、dropboxやらevernote、
あるいは各種googleサービスといったクラウドサービス全盛なこの時代に
それらと連携できるAndroid携帯はかなり魅力的なんじゃないかなぁ、
と思ったのがきっかけでした。
一時期これのブログ内特集を組もうかと思っていたくらい
現行機種931SHも好きな事は好きなのですが、
その面ではカレンダーもメモも独自のアプリで、PCとの連携ができないのが現状。
外出先や散歩中や就寝前に思いついた事は携帯でメモする、
というやり方が定着した去年を踏まえて、
この際だからそれをAndroidという形でもっと発展させていきたいと思ったのでした。
何より、今までは第三代時代(2008年06月~2009年03月)を除いて
パケット定額制のコースで契約した事が無く、
せっかくの3G回線をまるで使っていなかったというのが動機としては大きいです。
二台持ち時代の頃よりも安いくらいの価格でパケ放題も使えるみたいなんですよね。

というわけで、探し出した候補はSoftBankの
『DELL Streak 001DL』と『GALAPAGOS 005SH』の二機種。
どちらも2010年度冬春モデルですが、005SHの方はまだ未発売で来月中旬発売予定。
現行機種931SHも加えて比較して特徴を抜き出すとこんな感じになりました。

■DELL Strask 001DL
 ・Android 2.2
 ・画面サイズ5インチ(800×480)
 ・約500万画素CMOSカメラ
    とにかく巨大な画面が魅力な去年末発売の機種。
    ただし、元々海外製品のため日本独自の機能(ワンセグ等)への対応は薄い。
    簡易留守録機能もなく、bluetoothも2.0+EDR。
    肝心の解像度も前世代と同等なのがちょっと……。
    といいつつも候補から離れてくれないのはやっぱり大画面だからか。
    静電式用スタイラスペンを買えば、タブレットPCを買わずとも
    これでもう手書きメモの役割を担ってくれそうな気がして、
    そこがこの機種に関して一番悩ましいところ。

■GALAPAGOS 005SH
 ・Android 2.2
 ・画面サイズ3.8インチ(3D対応、800×480)
 ・約800万画素CMOSカメラ
 ・物理キーボード
    裸眼立体視3D画面&3D静止画撮影機能搭載。
    さらにスレート型が多いAndroid端末としては珍しいQWERTYキーボード付き。
    個人的には、この物理キーボードの存在で
    今定着している外出中のメモを引き続き維持できそうなのが一番の注目点。
    タッチパネルのみだとどうしても難しいんですよね。
    逆に手書きメモについては、画面サイズが小さい事もあり
    どうやらタブレットの代替にはならなそう。

■FULLTOUCH 931SH
 ・画面サイズ3.8インチ(1,024×480)
 ・約520万画素CMOSカメラ
 ・物理テンキー
    現行機種。2008年冬モデル。
    使っている機能は主にメール(メモ兼用)、電話(ないと困るだけ)、
    カレンダー、電卓、メモ帳、カメラ、ワンセグ等。
    おそらくほとんどはAndroidで代替可能だとは思うものの、
    スピードダイアル/メール機能だけはこれが明らかに一番向いているため、
    それを考えると機種変が悩ましいのも正直なところ。
    なんだかんだでポケベル打ちにも慣れてきたし、
    現時点ではミニキーボードよりもその方がいいんじゃないかと考えたりも。

最も悩ましいのは、先述の第三代目携帯WS020SHの時に、
ミニQWERTYキーボード機種(ひいてはスマートフォン)を買って失敗している事。
つまり、このAndroidへの羨望が結局はその二の舞になる可能性があるわけで。
入力デバイス関係についても、使ってみなければなんともいえない部分が多い割に
これが自分にとっての携帯に求める重要な機能でもあり、
どれを選んでも冒険になってしまうような気がなくもないです。

端末代+通信費は、目安としては001DLが月額6,360円、
005SHはまだ端末代が明らかになっていませんが、同じGALAPAGOSの003SHは
001DLと比べて300円ほど安いだけでほぼ変わらず。
これと同じ価格になるという噂もあるので、
そうなればどちらも選んでも維持費は約6,000円という事になります。
ちなみにほぼパケット通信しないのに二台持ちしていた頃の携帯代は月7,000円強。
それと比べると安いのかなと。まぁ、あれがちょっと間違っていた気もしますが。

通信料については、今ちょうどパケットし放題MAX(forスマートフォン)
というものがあって、これによって7,125,000パケットまでを3,985円で使えるらしい。
普通は71,250パケット以下は最低390円、71,250パケットを超えると5,985円の
パケットし放題S(forスマートフォン)というプランに入る事になるので、
iPod touchのようにアプリダウンロードな毎日が始まる事を考えると
前者に入れる今はチャンスでもあるんですよね。
そういう意味では、“931SHにしばらく留まって夏モデルのAndroidを待つ”
という最も無難な選択肢もしにくいというのが現状。
ただ、このキャンペーンプランは下限も3,985円という弱点も併せ持つので、
なんだかんだで一年後使わなくなってしまった時のリスクもあります。
そういえば、Wi-Fi機能ってこの辺の節約に繋げられないのかな?
後で調べてみるか……。

と、だらだらと書いてきましたが、とりあえずは今すぐ行動する事はなさそうです。
行動するとしたら更新月となる03月、
あるいは931SH購入二周年の03月12日という事になりそう。
……半徹夜していろいろ書く事もあったつもりなのに
見事に携帯の話題で埋まってしまった……。
今日の話題は適当に覚え書きをメモしておいて明日のエントリーに任せる事にします。
徹夜失敗して泥沼な生活リズムに陥ると思いきや、
なんだかこの後すんなり眠れそうな予感。

0

コメントを残す