#2582

新生活へと至る奔走


今日の出来事 自分


春休み42日目。

またまたしても後日投稿。この春休みでもう何度目になるのやら。
誰かにブログの話をしたり、
ここで「もう何年もやってるんだなぁ」みたいな話をする時なんかに
たまに、もしブログを書く余裕すらない生活が来たら
このブログはどうなってしまうんだろう……という事を考える事がよくありました。
まぁそれでもなんだかんだでブログ優先の時間を作るだろう、
と思考停止気味な結論にいつも至っていたのですが、
それが現実となり、こうして後日投稿を余儀なくされている今
改めて考えてみると、“なんだかんだで作る”事の非現実さが身に染みてきます。

実際、今までも祖父母家帰省や生活リズム崩壊で後日投稿になった日は
特にこの二年ほどでしょっちゅうありますが、
その猶予のなさがそのまま日常のブログ執筆猶予時間になると考えると、
もしそうなったらブログ存続も危ういんだろうなぁとうつろながら思います。
今までもなんだかんだで続けてきて、これからもなんだかんだで続けるつもりですが、
今後、大学院入学後に忙しくなったらその“なんだかんだ”を
もうちょっと具体的にステップアップする必要がありそう。

それはさておき、そんなわけでブログを書く猶予が全くなかった
卒業式予行&新居先契約の為の一日。
0時就寝06時起床、まず朝は新居候補絞り込みの為に延々と検索してまとめる作業。
今までなんでこれをじっくりとやってこなかったんだと心底後悔したりもしましたが、
とりあえず電話してもよさそうな時間帯までには一段落付き、
09時までは比較的ゆったりとした、もといいつも通りの時間を過ごしました。
09時台に入って、まず最初に大学の学生部に電話をして
今日の卒業式予行とやらがどういうものかを聞きました。
場合によっては欠席を余儀なくされるという状況にまで追い詰められていたのですが、
1時間以内に終わる上、後述の諸々の事情と絡めても出席できそうだったので
とりあえず午後一番に大学に行く事に。

次に新居候補の不動産各社にアパートが空いているかどうかの電話。
まず第一候補の一件目は、
タッチの差で今日空き部屋が埋まってしまったとの事で陥落。
この不動産のサイトを見る限りだと大学周辺の物件で良さそうなものもなく、断念。
第二候補の二件目は、そもそも不動産が
問い合わせから契約まで最低一週間かかるという体勢だったため、即断念。
そして大学からかなり離れた物件が候補にある三件目の不動産に電話をかけると、
こちらから候補の話をする前に「どんな物件をお探しですか?」
と聞かれたので、もう候補は決まってるからと押し切るのを留まって
ありのままを喋ってみると、アパートを不動産側が車で案内してくれる事に。
そういえば現住所を決めるときの不動産の対応もこんな感じだったような。
この時点では卒業式予行が何時に終わるか分からず、
特急で向かうにせよどの電車に乗れるかも分からないので
その旨を伝えた上で、今日の夕方もしくは明日、案内してもらう事にして
とりあえず自分は卒業式予行のため大学へ。

それは少なくとも“卒業式予行”とは言えるものではありませんでした。
実際、褒賞を受ける学生以外は卒論返却が主目的だったようなので
こちらの勝手な思い違いというのもあるのでしょうが……。
13時のバスに乗って久々の大学へ向かい、
スーツの学生を見かけて、スーツで来るべきだったのかどうかで煩悶したりもしつつ
これも久々の講堂へ。スーツの人もいましたが、大半は私服だったのでひとまず安心。
入り口すぐで卒論を受け取り、欲しくもない大学発行の冊子を
二年間実家に届けるための費用を徴収だとかなんとかで600円ほど取られ、
あとは適当な椅子に座って待機。
ある程度人が集まると、やる気のない職員が卒論返却の時に配った
15行ほどの卒業式に関する注意点が書かれたプリントを読み、
「それでは卒論を受け取った人は解散していいです」
別学部の方から「えーっ」「終わり?」という空気の読めない声が上がりましたが、
まぁ実際その通りなわけで、
この忙しい最中こんな事の為に呼ばれた事を思うと少し疲れを感じました。
……が、この日の疲労を味わうのはまさにこれがまだ序曲だったわけで。

帰りのバスに乗りながら、この後一旦アパートに帰って備えるべきか、
あるいは乗っているバスが駅行きだからこのまま終点まで行って
新居のある駅まで向かってしまおうか考えたのですが、
005SHで電車の時刻表を調べると、この時点で次に出る特急まであと30分ほどで、
それを逃すと向こうの駅に着いた時点で18時近くになってしまうため、
少し心許ない感覚を感じながらも、バッグに卒論を入れたまま駅に向かいました。

駅構内で不動産に連絡して電車の到着時間を伝えると、
特急での暇対策用にとある漫画雑誌を買いました。
多分、純粋に漫画を読むだけ為に雑誌を買ったのはこれが人生初。
特急代約10,000円を払って改札をくぐり、電車に乗った後は
またしばらくののんびりタイム。……でしたが、すでにこの時点で疲労感があり、
本当の意味ではまるでのんびりできませんでした。

到着後、財布がからっぽで駅にATMもなさそうだったので
とりあえず徒歩で不動産に向かう前に、受験の日にも行ったコンビニへ行く事に。
ところが、そうやって駅から出て、googleマップで現在地を読み込もうとしていると
突然不動産の方から電話がかかってきました。
なにやら駅まで迎えに来てくれているらしく、現在地を伝えるとすぐに来てくれました。
ここから2時間ほどは、なかなか人のいい、いかにも会社員風な案内人によって
午前中の電話を元に不動産が選んだ4つの候補物件を車で見て回りました。

一件目。家賃4万円で大学からは最も遠く、
コンビニ等は自転車があればそれなりに近いかな程度の位置。7畳。
当然といえば当然ですが、現住所と比べると清潔感は相当のものでした。
それに外観もそこそこ。……外観はどうでもいいといえばどうでもいいのですが。
スーパーなどへの距離へもそこそこで決め手がないため、
とりあえずここは保留という事にして次へ。

二件目。家賃4万6千円で大学からはそこそこの距離で、
コンビニ等は割と近く、周辺環境はそれなり。7.5畳。
いわゆるオール電化のアパートで新築っぽい雰囲気。
とりあえず、ひいきしないように一件目と同じ時間をかけて見てまわったものの、
内心では家賃の時点でほぼ論外でした。
その辺を帰り際に案内人にぶっちゃけつつも次へ。

三件目。家賃3万5千円で二件目と同じ地区。
周辺環境は見て回った中でも最も賑やか。6畳。
安い(といっても現住居よりは高い)代わりにやや古く、
また現住居が6畳半で、ベッドを置くとほとんど余裕がなくなってしまうため
その反省を考えると6畳というのはかなり微妙……。
しかし周辺環境が一番いいというのも事実で、
最後の候補と天秤にかける事にして次へ。

四件目。家賃3万5千円で大学からは最も近く、
その代わりコンビニもスーパーも周辺に無い地域。9畳。
この不動産のサイトを見た時に自分が考えていた候補がこれでした。
……が、実際に見てみると、見事なまでに周りが田舎。
完全に車所有者向けの住居といった感じで、
最寄りのスーパーまではgoogleマップ上での目算で見る限りでも2km近く、
それどころか最寄りのコンビニまでも同程度という。
その代わり、3万円台なのに9畳というのが最大の利点で、
これだけの広さがあれば、とりあえず引きこもっている限りでは快適な事間違いなし。

というわけで、このアパート探しは最終的には
“周辺環境か、広さか”というところに行き着く事となり、
結局前者――三件目を契約するという事で、最後に不動産の方に向かいました。
一杯のお茶をもらい、いろんな書類の説明を受け、
とりあえず本契約は入居日当日という事で、この日はお金の支払いなどもなく、
19時半になんとか新居決め問題のとりあえずの部分は解決。
案内してくれた人が駅まで送ってくれるというのでそれに甘んじる事にして、
帰りは、修学旅行なのか大量の中学生とすれ違いつつ
行きと同じく特急で帰るべく改札をくぐり、
電車の中ではコアラのマーチを食べていたら、いつの間にか寝ていました。
起きたら他に誰もいないという。
急いで電車を出て駅周辺のバス停へ。……ところが、もう最後のバスも出てしまっており
仕方なくタクシーに乗って帰りました。
バスなら300円もかからないところを2,290円……。高すぎる……。

帰宅のついでに、タクシーを降りた場所のすぐそばにあったいつもの本屋に寄って
行きの電車の中で読んだ雑誌で気になった作品の単行本を買って帰りました。
この時の時刻は22時20分。帰りの駅で買った夕食を胃袋に放り込んだ後、
ブログは明日の朝にしようという事で爆睡開始。
結局朝に書く事すらままらないどころか、
今度はこのエントリーを書いたが為に翌日分を書く時間がなくなってしまい、
今まさにブログを書く時間がないほどの多忙に追われ続けています。

0

コメントを残す