#2666

E3 2011任天堂カンファまとめ


ゲームのプレイ日記 その他


近年ずっと噂されていたWii後継機、通称「Project cafe」。
クラシックコントローラーProに液晶画面をくっつけた再現画像まで出回り、
Wii後継機がいよいよE3で登場するのかと期待が高まっていたところに
E3直前に任天堂が公式にその存在を明らかにした事で、
今年のE3への期待は去年の3DSと同じ流れで、かなり大きな期待がかけられた年でした。
2012年、新コントローラーでゲームにさらなる核心をもたらそうとする存在。
その名は『』! という事で、ちょっと(かなり)遅れましたが
今年もE3任天堂カンファのまとめです。

いつものリンクはこちら。

・去年のまとめ…… #2302-2303「E3 2010任天堂カンファまとめ」-前後編-
・今年の実況ログ… E3 2011任天堂カンファまとめ (特設サイト内)
・公式サイト……… 任天堂 E3 2011情報


■『ゼルダの伝説』25周年
  公式サイトの中継サイトは冒頭数分間配信がされておらず、
  途中からいきなり始まってしまったのですが、
  その時に流れていたのがゼルダシリーズの壮大なオーケストラでした。
  今年でゼルダシリーズも25周年という事で、
  まずこの時に披露されたオーケストラを今後世界展開するとのこと。
  また、3DS/Wii各新作タイトル特典としてサウンドトラックが付いてきます。
  今年発売するゼルダシリーズは4本。

  □ ゼルダの伝説 夢を見る島(3DS VC)
    ご存じゲームボーイの名作。このカンファレンスの翌日に配信開始なので、
    執筆時点ではすでにクリアしてしまった人もいるはず。
    個人的には3DSを買ったらまずダウンロードするであろうタイトルです。

  □ ゼルダの伝説 4つの剣(DSi ware)
    ゲームキューブの同名タイトルではなく、DSiウェアの新作として、
    今秋に無料配信予定。

  □ ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(3DS)
    ニンテンドー64の名作『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリメイク。
    上級者のために用意された“裏ゼルダ”や3DS向けに調整された画面構成など、
    今後の64名作タイトルリメイクの可能性を垣間見せてくれるタイトルです。
    2011年06月16日発売。

  □ ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
     2010でも発表されたWii版ゼルダの完全新作。
    Wiiモーションプラスによって、より直感的で細かい剣の振り方ができます。
    去年公開のムービーではカブトムシを投げていたりしましたが、
    今年のムービーや邦題を見る限りだと空や鳥といったキーワードが
    新アクションとして重要になってきそうな予感。
    2011年末発売予定。

■Wii U
  ついに正式発表されたWiiの後継機。
  Wiiとの互換性を保ちながら、今度はなんとコントローラーに液晶画面が付きました。
  というところまではリーク通りの情報なのですが、
  実物はクラコンProのようではなく、iPadのように薄さをアピールするような形状。
  かつ、裏側に持ちやすいように突起が付いており、
  ボタンはABXY、十字キー、LR、ZL/ZR、左右2つにスライドパッド、
  Select(-)、Home、Start(+)、インカメラ、マイク、そして液晶画面と、
  ファミコン世代から3DSまでのほぼすべてをカバーできるコントローラーです。
  さらには、このコントローラーには
  ジャイロセンサーや傾きセンサーも付いているため、
  プロモーションムービーにもあったように画面ごしにテレビを覗く、
  といった面白い事もできてしまいます
  (説明が難しいのでこの辺は公式サイトの閲覧をオススメ)。

  さらにWii UはHD対応で、ハイクオリティな画質をテレビで楽しむ事もできる他、
  テレビ画面をコントローラー画面に映し出してプレイを続行する事もできます。
  Wiiとの互換性も維持(NGCは非対応?)。
  また、外部保存先の選択肢として、
  SDカードの他にUSBフラッシュメモリも選べるようになりました(ポート4つ搭載)。

  2012年発売予定で、価格は未定。
  FPSゲームを中心にソフトウェアの発表もいくつかありましたが、
  今は正式なロンチタイトルの発表は皆無でした。
  個人的にはこれだけ豪華なコントローラーとなると、
  多人数プレイに必要な経費が心配になってきます。
  本体価格は25,000円以上になるとの噂もありますが、
  現時点では価格に関する公式発表はなし。
  今秋に秋カンファレンスが開催されれば、
  そこまでに明らかになるものと思われます。

■ニンテンドー3DSタイトル

  □ マリオカート(仮称)
    E3 2010でも発表されたマリオカートの完全新作。
    今回の発表で、滑空や水中走行などもあり、
    カートのカスタマイズができる事が明らかに。
    いよいよ何でもありになって来ましたね……。
    懐かしのコースをいくつか見かけたので、
    収録コース数はかなりのものになるのではないかと予想。

  □ ルイージマンション2(仮称)
    知る人ぞ知るNGCロンチタイトルのホラーアクションゲーム。
    今度は複数のマンションが用意されているそうです。

  □ スーパーマリオ(仮称)
    E3前から待ち望んでいた人も多いであろう3Dマリオの完全新作。
    ギャラクシーシリーズとはまた別物という位置付けのようです。
    『スーパーマリオサンシャイン』のひみつコースのような
    3Dステージがあったり、たぬきマリオがいたり、2Dステージがあったりと、
    かなり詰め込んだ作品みたいです。期待大。

  □ スターフォックス64 3D
    初出はE3 2010。今回の発表で、
    通信対戦時に自分の表情がインカメラで記録されて
    常にお互いの表情を見ながらプレイできる機能が初公開。
    なかなか好みが分かれそうな機能ですが、
    マルチプレイに重点が置かれているという意味で捉えれば
    これも注目したいタイトルのひとつです。

  □ 新・光神話 パルテナの鏡
    これも初出はE3 2010。桜井さんが今まさに作っている大作です。
    昔の任天堂キャラを引っ張ってきているとはいえ、
    中身は爽快感抜群の3Dアクションゲームとして見ても良さそう。
    ところで、桜井さん絡みで岩田さんがさらっと言っていた事なのですが、
    このタイトルの開発が終わったら
    Wii Uと3DSで連携できる新作スマブラを作るとのこと。
    正直、今回のソフトタイトル発表ではこれが何よりの衝撃でした。
    おそらく発売は2012~2013年頃になると思われますが、
    初めての携帯機でのスマブラに今から期待してしまいます。

  □ その他(カンファでは紹介されず公式サイトに掲載されたタイトル)

    ・どうぶつの森(仮称)
      主人公の背丈が変わり(変更可能?)、ファッションがより多彩に。
      何やら海を泳げるようになるみたいです。

    ・ペーパーマリオ(仮称)
      フィールド上のアクション性がより豊かになったシリーズ最新作。
      前作のような濃厚なストーリーがあるのかどうかは未だ不明ですが、
      キノピオを連れて歩いているところを見ると、
      一応正統続編と見てよさそう……?

    ・マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック
      2012年夏季オリンピックをモチーフに繰り広げられるスポーツゲーム。
      前前作の発売日を見ると、
      必ずしもオリンピックに合わせて発売されるわけではないようです。

    ・The Rolling Western
      砂漠の舞台を、転がって冒険する3Dアクション。
      チルト操作によって遊ぶものと思われますが詳細不明。

    ・Picture Lives!
      描いたキャラクターを操作して冒険する2Dアクションゲーム。
      走ってジャンプするだけかと思いきや、ブロックを壊したり
      泳いだりする事もできるみたいです。

■ニンテンドーDSタイトル

  □ あつめて!カービィ
    どこぞのAIアクションゲームを想起させる、
    たくさんのカービィで敵を倒したり、仕掛けを突破する2Dアクション。
    カービィはタッチペンで誘導する事ができます。
    ひとりでは突破できないしかけも、多人数でかかればあっさり、みたいな、
    爽快感重視のアクションゲームみたいです。今回唯一のDSタイトル出展。
    2011年08月04日発売。

■Wiiタイトル

  □ みんなのリズム天国
    据え置き機デビューしたシリーズ3作目。
    完全新作のリズムゲームが50種類以上あり、2人で同時プレイもできます。
    「みんなの」と冠しているものの4人同時プレイは非対応のもよう。
    2011年07月21日発売。

  □ Wiiリモコンプラスバラエティ
    「はじめてのWii」の続編に当たる、12種のミニゲーム群を収録したソフト。
    Wiiリモコンプラス(アカ)が同梱で4,800円のパッケージ販売で、
    収録ゲームは「アイスクリームチャレンジ」「傘ライダー」
    「ジャンピングランド」「360°シューティング」他、全12種類。
    2011年07月07日発売。

  □ マリオパーティ9(仮称)
    前作から4年ぶりの登場となるWiiでは二作目となるシリーズ(本編)九作目。
    パーティゲームはWii Partyに世代交代かと思いきや、
    正統続編として登場した事に個人的に少し驚きました。
    Wii partyとは方向性も違うようで、
    前作以前にあるような面白そうなミニゲームが多数収録されているようです。
    プレイヤー全員で移動するシステムが今作の目玉?
    発売日は未定。

  □ Mystery Case Files: The Malgrave Incident
    コンシューマーゲームではあまり見かけませんが、
    iOSゲームは割と目にする、いわゆる“物探し系ゲーム”に
    謎解きやパズル要素を加えたミステリアスな雰囲気の作品。
    邦題がないので国内で発売するかは不明です。

  □ カービィWii(仮称)
    数年前からトレイラーも出回りE3が始まる度に噂になっていたカービィWii。
    今年でようやく頭角を現してきたといった感じです。
    「星のカービィ64」をベースに、
    往年のシリーズ作品のいいところ取りをしたような印象。
    ヘルパーを3人(ワドルディ、デデデ、メタナイト)まで出す事ができ、
    ヘルパーを吸い込んで敵に当てて攻撃する事もできたりします。
    発売日は未定。

  □ マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック
    2012年夏季ロンドンオリンピックに合わせて発売されるスポーツゲーム。
    おそらく、3DS版と同時に発売されるものと思われます。


そんなわけで、ハードの世代交代という意味ではひとつの節目だったE3 2011。
ちょうどこの頃、ついに3DS版バーチャルコンソールも始まって、
個人的には年末までには3DS欲しいなと思っているところではあるのですが、
果たしてどうなることやら。キラータイトルが出たら多分買います。
……正直、今回の遅筆具合からしてちょっとゲームへの意欲の限界を感じつつあるので
3DSを買わなかったら来年はまとめ記事書かないかも……。

0

コメントを残す