#2711

砕かれた日課


デジモノ


さて、24日目にして、不本意な就寝時間と4時間あまりのskypeタイム、
そこに楽天ブログのメンテナンスも重なって完全なる後日投稿をしてしまう運びに……。
まぁ、前向きに考えれば、先月の自堕落具合からすれば
よく24日連続で持ったなと言いたいところなのですが、
これでまた、今日がきっかけで泥沼に陥ってしまったら何の意味はないわけで。
なんとかして、習慣であると意識せずに毎日日課をこなしていた
実家生活時代~大学時代前半辺りの状態を取り戻したい昨今です。

さて、レジュメ作りのためにあった今日は20時就寝04時半起床。
途中、一度も起きずに気が付いたら夜明け時間帯だったのには少し驚きました。
二度寝なしでこうもすんなり徹夜から一気に逆転できるとは……。
しかも、起床後は頭がスッキリしすぎているわけでもなく、
少なくとも午前中は順当に調子よく過ごしていました。
レジュメ作りは図書館に出掛ける必要があったので、
さしあたり開館時間までは何やってもいいだろうということで
昨日の激眠い時にやろうと思いつつできなかったメインPCの互換シェルへの変更と、
iOSアプリのウィッシュリストの整理をする事に。
前者の方は、昨日サブPCの方に導入しようという事でいろいろ試していたのですが、
Windows 7との相性が悪いのか、まともに動かなかったので妥協。
多分、メインPCの方で今年01月頃まで使っていた設定を丸ごと使っていたので
そのせいもあるんじゃないかなと。頑張ればWindows 7でも使えそうな気がします。
あとは他のランチャーソフトと競合を起こしてタスクリストが凄い事になっていました。

正直、サブPCについては今年初頭のあの所有欲は何だったんだというくらい
活用方法を見いだせずに放置状態にあり、参っているところです。
そうこういじっている内に「もうメインPCにbblean入れるので満足しよう」
という方向に変わってしまうのだから、我ながらサブPCが不憫に見えるというか……。
メインPCへのbblean導入は半年ぶり。
定期的にbbleanに変えたい、と思っては何らかの不具合が出てきて
結局すぐにexplorerに戻るのがここ数年の定番の流れになっています。
今回も、explorerのメモリ負荷率に愛想が尽きたのがきっかけでした。

Windows Vistaでbblean(mod)を使う事に対する最大のデメリットは、
「名前を付けて保存」などのウィンドウがおかしくなってしまう事、
firefoxやgoogle chromeなど独自のタイトルバーを扱うアプリにも
無理矢理bblean側でタイトルバーを付けられてしまうため、
例えばブラウザなんかだと画面上部のタブがタイトルバーに隠れてしまったり、
見栄えが悪くなったりといった現象がありました。
今までは、それが仕様なんだと思ってずっと使ってきたのですが、
どうやらこれらの事ってbbleanSkinというプラグインを外せば全部解決するんですね。
今まで何故これに気が付かなかったのか……。
このプラグインを外す事による不具合は今のところ見つかっていませんが、
ウィンドウがaero仕様のままになるので、bbleanっぽさは薄れている感じがします。
ちなみに、skypeで閉じるボタンを使ってタスクトレイに入れると
復帰時に一切の操作ができなくなる不具合は、
このプラグインを切っても変わりませんでした。

ほとんど01月時点の設定の流用だったのですが、
なんだかんだで細部をいじっていたら09時を過ぎており、開館まであと2時間に。
先にゲーセンが開店するので、まぁ眠気覚ましに1クレくらいいいだろう……
と2クレほどポップンをプレイしてきて、帰宅後昼食。
休憩も含めてそれらが片付いたのが13時過ぎ。
精神崩壊に近い状態に陥ったのはここからでした。
まぁ、簡単に言えばここで一気に眠気が来たというだけの話なんですが。
ここで寝たらどう考えてもレジュメ完成しないフラグ立つから眠れないだろ……
などと中途半端に粘りつつ2時間。
もはや寝ているのか起きているのか分からない地点をさまよったあげく、
17時から23時までの間は爆睡していましたとさ。

そんなこんなで先月と全く同じ流れになってしまったゼミ発表準備。
この束縛感から逃れられる日々が今から待ち遠しいです。
……流石に今回は全力で逃げたい気持ちが結構な割合を占めています……。

0

コメントを残す