#2731

同窓会のお知らせ


ゲームのプレイ日記 今日の出来事


夏休み6日目。

――小学校卒業寸前の頃から度々想像することがあった同窓会というシチュエーション。
大学時代までは、自分の同窓会というものに対するイメージというのは、
まずはさておき自分の黒歴史をほじくり返されるイベントであって、
ある意味ではクラスメイトのイメージを崩壊させるものでもある、というものでした。
そういう根拠から、小卒以後の自分は一貫して同窓会に対する期待を抱いたことはなく、
通知が来ても行かないという自分の立場を貫くことにしていました。
別に「来れないの? 残念だね」と言われることを期待しているわけではないのですが、
それを全否定できるほどでもなく。大学時代が終わってからは、
高校二年~三年時のクラスの同窓会で、
かつ同窓会開催時に自分が今よりは少しまともになっていて
自己紹介の時なんかに胸を張って言えることがあったら参加してもいいかな、
というような妄想をすることもありました。

そんな矢先に突然飛び込んできたプチ同窓会開催のお知らせ。
なんでも、ある高校時代の友人二人の話し合いからぽんと出た提案だそうで、
とりあえず今年03月の飲み会のメンバー+αが揃えばいいかなという程度の規模で、
03月と同じような形式で飲み会を開くというもの。
参加メンバーを聞くと、03月の飲み会の時に集まった8人ほどの友人たちに加えて、
どういうルートで連絡が伝わったのか、
高校時代のクラスメイトの女子三人が参加するとか。

こんな話をブログでしても仕方がないのですが、
実はこういうシチュエーションは前回の飲み会が終わって以来、
かなりの頻度で妄想していました。詳細は割愛で。というかお察しください。
前々から、どうも自分は妄想の中で架空の相手と雑談を繰り広げるのが好きなようで。
現実世界ではうまくしゃべる事ができないもどかしさから来ているのでしょうが、
眠れない夜や移動時間なんかには、印象に残った現実の画面と
自分の中のマイブームを組み合わせて妄想する事がよくあります。
今春は、03月飲み会にちょっと色を足した形に
音楽や音ゲーの話を延々と演説するという組み合わせの妄想をしばしばしていました。
ちょっと詳細を書いてしまいましたが、
要は今回のプチ同窓会はそういう妄想が現実になったという偶然がまずひとつあり、
それに前回酔いつぶれてしまった後悔を取り戻して、
ついでに同窓会に対するマイナスイメージのようなものを払拭できれば、
というある種の期待が詰まった催しだったのに、
肝心の期日は08月13日夜と、見事に祖父母家帰省初日とかぶるタイミング。

結局この件は、行きたいのにいけないもどかしさを存分に味わうだけで終わりました。
まぁ、メンバーがほとんど同じということで前回と同じような流れになるだろう、
それならさほど大きな価値もないだろうし、
同窓会という名目で今後も同じ事をするだろう、と言い聞かせて諦めています。
自分だけ帰省を一日遅らせて後で電車で向かう、
という最終手段が使えなくもなかったのですが、
そもそも先が読めない催し物よりも帰省の方が自分にとっては重要だったわけで。

なんにせよ、自分は同窓会というものがもっと大々的なものだと思っていたようで、
今回のこれはそういうイメージを払拭してくれた気がします。
まぁ、いつか本当に大々的にやるときがあったら改めて考える必要はありますが、
ネットがある今、こういう風に簡単に同窓会が実現しちゃうんだな、
という事を改めて考えるきっかけにはなりました。

それはさておき、帰省の影響で四日遅れの投稿になったこの日は08時就寝10時起床。
危ぶまれていた前期二つ目の課題は今日が締切で、
一時はどうなることやらと思っていたものの、
一応超やっつけ仕様で13時過ぎには完成してメールで提出することができました。
祖父母家帰省までに残された大学関係の課題の最小限はこれでクリア。
帰省まではもうひとつ、ブログ後日投稿の処理だけはしないとと思っていたのですが、
このあとの隙間のないゲーム三昧生活によってそれは破綻することになります。

15時頃に、夏休み突入以来初めて実家の地元のゲーセンでポップンをしに行きました。
まず、iTunes Cardを買うついでにある小さなゲーセンに入ってみたら、
一応ポップンはあったものの、なんとオフライン筐体でe-AMUSEMENT PASS非対応でした。
100円玉を入れる前に気がついたのですが、かなり久々のポップンだったため
我慢できずにクリアメダルなどのデータ記録なども一切ない事を覚悟で
超チャレンジモードをプレイしたら、なんと1クレ3曲設定でした。
タウンモード以外のモードはほぼ3ヶ月ぶりでしたが、全曲保証ではないことと
選曲時間が長いことだけでまるで別のゲームかのような錯覚を覚えました。
そしてデータ記録がない事で達成感はまるで皆無だったという。

次に、ある大きなアミューズメント施設にあるアーケードコーナーに行ってみたら、
むしろこっちはポップン新筐体があるだけでなく、見たことのないjubeatがあったり、
beatmania IIDXが二台あったりとなかなか豪華な様相でした。
ポップンは二人待ちだったので、先に閑散としていたIIDXの方をやってみることに。
さすがにCS版に手を出し始めたのもあって、選曲や実際のプレイの戸惑いは
以前やった時よりもずいぶんマシになりました。
なぜかある曲のNormal譜面で筐体内トップスコアを出したりも。
相当人気の無い曲なのか、あるいはこの筐体の人気がないのか、
Normal譜面は触られていないのか……。なんにせよ、今回は無事に4曲できてなにより。
調子に乗って二回目をやったら1曲目で落としてしまいましたが。

改めて次にポップン台の前へ。
ゲーセンのマナーに乏しい自分は
順番待ちをどこで待っていればいいのかという疑問があったのですが、
他の音ゲーの順番待ちを見たらプレイ中の人の後ろに立っていたのでそれに倣う事に。
新筐体はややボタンが固めで、最初は指で押す暇もなく
かなり強めにボタンを押す事になりましたが、2クレ目辺りでそれなりに慣れました。
選曲はいつもよりもマイベストカテゴリから多く取って感覚を取り戻しつつ、
今まで5回プレイして未だにHyper譜面をクリアできていない
“撫子ロック”『凛として咲く花の如く』(★33)を最後に挑戦して、なんとかクリア。
それなりに調子がよかったせいもあるのか、
あるいは新筐体の画面が明るくて見やすい事もあるのか、
大苦手だった最後の同時押し乱打も大方見切る事ができました。

それにしても、残り推定18クレジットでAC19最後の隠し曲が出るというのに、
今月はやはりというか、実家内でのゲームが充実しすぎて
ゲーセンに顔を出す暇がない状況です。
このまま行くと今月以内に18クレも危ういような……。
まぁ、実家周辺のどこでポップンができるかは把握したので、
祖父母家帰省終了後はなるべく定期的に行こうとは思っています。

0

コメントを残す