#2746

そびえ立つ塔への挑戦


ゲームのプレイ日記


夏休み21日目。

音ゲー三昧の一日でした。
実家帰省終了以来、もう少しでthe TOWER建築まで行けるという事で
クレジット消費が加速していたACポップン。
今日ついに、累計TPが当時必要だった約27,000TPに達して塔を建てるに至りました。
最初、あと1クレジットで全部揃うかなと思ったら
the TOWERの建築費用を勘違いしていたらしく、
さらに隠し曲をショップで片っ端から買う作業が制限時間内で終わらなかったりして
最初の“第一段階”を解禁したのは今日の3クレジット目でした。

思えば三ヶ月と1日前に始めたACポップンは、最初の6クレジットを除くと
それ以外のすべてをタウンモードに費やしてきたわけですが、
そう考えると長い道のりだったなと改めて思います。
最初、情報サイトで隠し曲の必要TPの合計値を計算したときは
「これは次回作までラスボス曲するのは無理だな……」と、
まさか100クレジット近く使う事など全くの想定外のように思っていたのですが、
気が付けばいつの間にかその領域にもあと少しで手が届くところまで来ていると……。
単純に消費した金額を計算すると10,000円相当となるわけで、
そう考えるとアーケードゲームの音ゲーってかなり贅沢ですよね。
今も一応貫いている月3,000円消費という観点からしてみれば、
過去に毎月コンシューマーゲームを買っていた時と比べるとまだ可愛い方だろう、
と思っていたのですが、プレイ時間の濃密度が比べものにならないのは言うまでもなく、
でも今更PS2版のCSポップンを買おうという気にもなれず、
どうもこの三ヶ月間のタウンモードで
完全にポップンの世界に入り込んでしまった感があります。

ここ最近の自分としては、確かに
“ちょっと贅沢な気分転換”としての割合が多かったような感じもします。
気分転換じゃなくて現実逃避とも言いますが。
“浅く広く”志向だった去年とは打って変わって
ひとつのゲームにのめり込むようになってはいるものの、
その根本はiOSゲームも音ゲーも現実逃避という面では共通している気がして、
自分は年にひとつはこういう存在が必要なのかなと思ったりもします。
この二つを比較すると、やっぱり今年の方がかなり贅沢ですけどね……。
ただ今年の場合は、音ゲーそのものが自分の音楽趣味と密接に関わっている事もあって、
音楽との出会いの場としても有効という意味では
iOSゲームよりも幅広いと言えるかも。
あと必ず外出が必要という点でも、今までの自分のブームにはなかった点です。

そんなACポップンも今日で開始当初の大きな目標のひとつを達成する事になり、
今後は自分で定めた目標に進む事になりそうです。
とりあえず次なる目標はEX譜面デビューかなと。
最終目標はもちろん、ポップンユーザーの憧れであろう★43ですが、
果たしてそれが出来る頃には合計何百クレジットになっていることやら……。
でも、それに近いレベルをプレイしている光景はよく目にするし、
というよりむしろ自分以外でEX譜面をプレイしない人を見るのが珍しいくらいなので、
練習を積み重ねてさえいけばいつかは到達できるとは思ってますけどね。
ただ、ポップンはもうAC1稼働から12年経っているゲームなので、
今EX譜面の上位レベルをプレイする人達の中には
長ければ歴12年でやっとその領域にたどり着いた、という人も少なからずいるはずで、
そうなると自分も年単位の練習が必要になるのかなと思ったり思わなかったり。
まぁ、何にしても今後の上達は飽きるか否か、というところが問題になりそう。

ただ、前にも書いたかもしれませんが
自分の場合は他の人と比べて手が小さい方なので、
今後青+白同時押しのような譜面に対処するときにハンデを負う場面はありそう。
今のところACポップンではランダム譜面は使わないようにしているし、
正規譜面では手の大きさの違いに対する配慮なのか、
青白のような手が大きくないと片手で押せない配置というのは
かならず両手で取れるようにもなっているのでそれほど深刻ではないですが、
将来の自分が正規譜面でクリアするという信条を壊して
ランダム譜面でいいからクリアしたい、という壁に立ち向かうことになった時に
手の大きさが問題になってきそうな気がします。
何にせよ、ACポップンは歴三ヶ月にもかかわらず
譜面を見切れているのに手が追いつかないという状況にしばしば出くわすので、
★36突破の前にこの問題をまずはなんとかしたいところです。

……と、そんなこんなで超ぐだぐだな文字数稼ぎをしてしまいましたが、
なんとこの後日投稿は明日分にも続くのです。

0

コメントを残す